京太郎「ほら、おやつのクッキー持って来たぞ」

綾「あやっ、ありがとうございますっ!」

京太郎「麻雀頑張ってるご褒美だから沢山食べていいぞ」ナデナデ

綾「あやぁ…//」プシュー

憧「……」

ひな「ひなも頑張ってるからお菓子欲しい所存~」

ギバ子「いただき…」

京太郎「ちゃんと手を洗ってからだぞ?」

ギバ子「はーい」トテトテ

凛「待ってー、私も行くよ」トテトテ

憧「…ねえ」

京太郎「なんだ?」

憧「あんたってロリコンなの?」

京太郎「んなわけないだろっ!」

憧「その割にはやけにあの子達に優しいわよねぇ…」ジトー

京太郎「あの子達はなんというか…妹や娘に近い感じ?」

憧「あんた妹ならともかく娘って…その趣味はやばいわよ…」

京太郎「だからそういうのじゃ…」

憧「パ~パ♪」

京太郎「うっ!」ドキッ

憧「パパってこういうのが好きなんだよね?」キョトン

京太郎「べべべ別にこんなのなんとも…」

憧「それともパパは憧じゃ興奮できないの?」

京太郎「すいません、します、しますからっ!」

憧「そうなんだ…」

京太郎「てかそろそろみん…」

憧「じゃあもう一回言うね、パ~パ♪」ニコッ

京太郎「おい、ほんとうに…」

憧「パパ、パパぁ…パ~パ♪」

ギバ子「…あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙?」

憧「ふきゅっ!?」ビクッ

京太郎「あちゃー」ガクッ

憧「なっ…いつからそこに…」フルフル

ギバ子「だっ゙だい゙ま゙だよ゙?」

綾「はわっ…お二人はそういう関係で…//」アヤヤッ

凛「あの…そういうのはお二人の家でやってもらえると…」

ひな「憧ちゃんはなんでお兄さんをパパって呼んでいるのか知りたい所存~」

凛「あのね、世の中には知らないほうがいいことがあるんだよ」

京太郎「いや、これはそうじゃなくて…その…」

憧「ふっ…ふきゅぅ…//」バタン

カン!