煌「…」

煌「…」

京太郎「…」トコトコ

煌「!!」

京太郎「あ…風呂上りました…」

煌「…」コクン

京太郎「…」スタスタ ポスッ

煌「…」ビクッ

京太郎「あっ…すみません…」

煌「い、いえ…」フルフル

京太郎「…」

煌「…」

京煌(気まずい・・・)

京太郎「…」

煌「…」


京太郎「…ほ、ほんとに」

煌「…?」ピク

京太郎「俺でいいんですか?」

煌「…」コクン

煌「…京太郎さんが」

京太郎「…?」

煌「京太郎さんがいいです」

京太郎「!」

煌「…」

京太郎「…」

煌「…」

京太郎「…」グイッ

煌「…」ビクッ

京太郎「!」

煌「…大丈夫ですよ」

京太郎「…」

煌「…」

京太郎「…」チュッ

煌「ん」

京太郎「…」レロ

煌「…ふぅっ」プルプル

京太郎「ぷはっ」

煌「はぁ…はぁ…すばらです…」

京太郎「…」

煌「…」ジー

京太郎「…」サワッ

煌「っ!」ビクッ

京太郎「あ…嫌でした?」

煌「いえ、そんなことは…すこし驚いただけです…」マッカ


京太郎「…」サワッ

煌「~っ」プルプル

煌(恥ずかしすぎます)スバラァ

京太郎「…」サワサワ

煌「~~~っ!」ゾクゾク

京太郎「…」サワサワ

京太郎「そろそろ脱…」

京太郎「!!」

京太郎(しまった!緊張の余り…しぼんでしまった!)ナエナエ

煌「…?」

京太郎「…」チュッ

煌「!」

煌(あ…また)

煌「スバラァ」ウットリ


京太郎「…」チュッ

煌「あ…あの、私もう…」

煌(はしたない女だと思われてしまうでしょうか…)

京太郎「!」

京太郎(ま、まだ復活してねぇ…頑張るんだマイサン!)

京太郎「で、では…」プチップチッ

煌「あ、あまり見ないで下さい…」カァァ

京太郎「…」

煌「…」モジモジ

京太郎「…」

(子太郎「みなぎってきたわ」)


京太郎「…」チュッ

煌「っ!」

煌(首筋…)

煌「待っ…」

京太郎「…」チュッ

煌「~~~!」

煌(超…すばらです!)

京太郎「…」ペロッ

煌「ひゃっ」ビクーン

京太郎「!!」

煌「び、びっくりしただけです」ドキドキ

京太郎「…」ムニムニ

煌「…」フルフル

京太郎「…」ムニムニ

煌(や、やはり小さいのはお嫌いでしょうか…)

京太郎「…煌さん」ムニムニ

煌「…?」

京太郎「ありですね」

煌「…」カァァ


煌「…」スッ

京太郎「!!」

煌「仕返しです」カチャカチャ

京太郎「き、煌さん…」カァァ

煌「!これが…」スバラァ

京太郎(こ、これはいかん…)フイッ

煌「…」サワサワ

京太郎「…」ピクピク

煌「…ふふっ」サワサワ

煌「なんだか可愛いですね」

京太郎「…」セキメン

煌「…」サワサワ

煌「…」ペロッ

京太郎「うあっ」

煌「!すみません痛かったですか?」オロオロ

京太郎「い、いえ…その」

煌「?」アセアセ

京太郎「…よかった…です」

煌「!」

煌「…」ペロペロ

煌(不思議な味がしますね…)

煌(でもどうしてか嫌じゃないですね)


京太郎「…」ダキッ

煌「?」

京太郎「…」ススス

煌「あっ!…そこは…」モジモジ

京太郎「…」サワワ

煌「…んん…っ」モジモジ

京太郎「…」サスリサスリ

煌「ん…はぁっ…」クネクネ

京太郎「…脱がしますよ?」

煌「…」コクン


京太郎「…」スルスル

煌「…すばらぁ」ドキドキ

京太郎「!」

煌「…?」

京太郎「糸引いてますね」ニヤッ

煌「!」ゲシッ

京太郎「ぐえっ」

煌「でででデリカシーが無さ過ぎます!」カァァッ

京太郎「すみません…」ボロッ

煌「…京太郎さんだからですよ」ボソッ

京太郎「!」

京太郎「…」サスリサスリ

煌「~~っ!」ビクビク

煌(直接触られるだけでこんなに違うなんて…)

京太郎「…」サスリサスリ

煌「~っは…んうっ」モジモジ

京太郎「…」サワサワ

京太郎(溢れてくる…)

京太郎「…」ピチャッペロッ

煌「すばっ!?」ピクッ

京太郎「!」

煌「はっ…はっ…」

煌(危うく達するところでした…)ハァァ

京太郎「…」モタモタ

煌「…」ジィー

京太郎「…」モタモタ

煌「…」ジィー

京太郎「…」モタモタ

煌「…」ジィー

京太郎「…」アセアセ

煌「ふふっ、焦らなくても逃げませんよ」スバラッ

京太郎「…面目ない」

京太郎(付け方練習しておけばよかった)ガーン


煌「…」バクバク

京太郎「…で、では」ドッキンドッキン

煌「ど、どどどどうぞ」

京太郎「…」スッ

煌「ひっ」ギュッ


トゥルッ

京太郎「あれ」

煌「…?」おそるおそる

京太郎「…も、もう一回」スッ

煌「ひっ」ギュッ


ズッ

煌「すばっ!」ビクビク

煌「…?」オソルオソル

煌(もっと痛いと思っていましたが…)

京太郎「だ、大丈夫ですか?」

煌「京太郎さぁん…」ギュッ

煌「い゛っ」ビクッ

京太郎「!!」

煌「う…動くと痛いでず…」ガクガク

京太郎「…」ダキッ

煌「…」ギュッ

京太郎「落ち着くまでこうしてましょうか」ナデナデ

煌「…すばらです」プルプル


京太郎「…」チュッ

煌「あ…」

京太郎「…」

煌「…グスッ」ポロポロ

京太郎「!」

京太郎「や、やっぱり痛いんじゃ…」

煌「ちがうんでず…ヒック…きょうたろうさん…グスッ」ポロポロ

煌「私今…とっても…ッグ…幸せです」ポロポロ

煌「人生で一番…すばらです!」ニコッ

京太郎「…」

煌「…すばらですよ」ギュー

京太郎「…俺もです」ギュッ


煌「…ちょっと慣れてきました」

京太郎「そ、それはよかった」

煌(本当は動くと痛いのですが…)ズッ

煌(今は痛みよりも、幸福感のほうが大きいです)ズッ

煌(あの時、長野に帰って本当によかったです…)ズッ

京太郎「き、煌さん…」オズオズ

煌「?…どうしました」

京太郎「そ、その…申し訳ないんですが俺」

京太郎「なにぶん初めてなものでして…その…」ブルブル

煌「そ、それは私もですが・・・!」ハッ

煌「…」ニヤリ

煌「えい」グリグリ ロン!


京太郎「面目ない…」シオシオ

煌「いいえ、本当にすばらでしたよ」

京太郎「体力つけます…」

煌「そうしてください」スバラァ

煌「京太郎さんはちゃっちゃと逝ってしまわれましたが」マタガリ

京太郎「え?」

煌「何にせよ今日の日は終わりませんよ?」ホールド

京太郎「き、煌さん?」

煌「まだ私イってませんからね、すばらっ」キラキラ

煌「まだ半荘戦の東一局一本場です!」

京太郎「えええ!?」

煌「すばらですっ!」



隣室

怜「よーやったわ…」

竜華「感動やあ…」

セーラ「若くして生涯のパートナーを見つけたな」

久「おめでとう須賀君」

咲「京ちゃん…しあわせにね…」グスグス

照「…」ナデナデ

姫子「…グスッ」

哩「よーやった花田…」

宥「暖かいね玄ちゃん」

玄「そうだねお姉ちゃん」

池田ァ!「めでたいし!!」

健夜「皆壁に張り付いてなにしてるんだろう…」

咏「わっかんねー」ケラケラ


-数ヵ月後-

煌「妊娠してしまいました…」

京太郎「ええ!?だってつけてましたよね!」

久哩ま姫咲中優美和「」ガタッ

京太郎「!?」


ガチャッ

怜竜セ「聞いたで清澄いぃ」ユラァ

照「京ちゃん…」

京太郎「ひっ」ガクガク


<ギャアアアー

煌「まあドッキリなんですけどね」

京太郎「もっとはやくいってください…」ボロボロ


【ドハマりしちゃった】

京太郎「…!…!!」ビタンビタン

煌「ゴクッ…さすがに4回目(産地直送直飲み)となると量が少ないですね」プハァ

京太郎「…!」ズリズリ

煌「おっとどこへ行かれるのですか」ガシッ

京太郎「もう…寝ませんか…」

煌「!!」

煌「京太郎さんから誘っていただけるとはすばら!超すばらですっ!」キャー

煌「不肖花田煌、お相手させていただきますよ!」ルパンダイブ

京太郎「ちょっそういう意味の寝るじゃなくてっ…」



咲「京ちゃん最近痩せた?」

京太郎「ァァ…チョットナ…」ゲッソリ


【夫婦喧嘩の原因】

京太郎「だから男を代表して言わせてもらうとそれは無理ですって!」

煌「すばらくないですっ!」

久「あら?夫婦喧嘩?」

和「花田先輩と須賀君が喧嘩とは珍しいですね」

優希「どうしたじょ?」

煌「どうもこうも京太郎さんったら、毎晩毎晩10回目ぐらいでダウンしちゃうんです…ひどいです!」

京太郎「普通無理ですって…」

久「それはひどいわね…」←わざと

和「幻滅です…」←百合

優希「こまった奴だじぇ…」←無知

久「じゃあ今日は抑えといてあげるから存分にしなさい、勿論手は出さないわ」ガシッ

京太郎「!?」


煌「すばらくない…何も出なくなりました…」プンスコ

京太郎「…」ピクピク



ラブラブセックス編終了