京太郎「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ~」フトンカブリ

煌「…」

京太郎「…」ユラユラ

煌「…」

京太郎「…」ユラユラ

煌「…」

京太郎「ノってくださいよ」

煌「悪戯はまだですか?」

京太郎「…」セキメン






京太郎「煌さん!」

煌「はい?」

京太郎「先月は有難うございました!」スッ

煌「わあ、すばらなケーキ!」

煌「ありがとうございます!」キャー

京太郎「俺もちょっと頑張って作ってみました」

煌「なんと、京太郎さんの手作りケーキを味わえるとはすばらですねっ!」

煌「ホワイトチョコのソースがかかっています!」

京太郎「俺の(自家製)です!」

煌「!!」

煌「京太郎さんの(産地直送)ですか…!」

煌「そういうのもありですね!」

京太郎「?」






西田「花田さん!準決勝進出に向けて一言お願いします!」

煌「すばらっ、私は私に出来る事をするまでです!」

西田「ところで花田さん、清澄が応援に来ていましたがどういった関係で?」

煌「!!」

煌「ふふふ、これは秘密にしておいてくださいよー?」

西田「勿論」

煌「じ、実は私清澄麻雀部の方とお付き合いしておりまして…」モジモジ

西田「…?」


西田「清澄に男子部員なんていたかしら?」

山口「さ、さあ…聞いたことないですね」






京太郎「あれは煌さん…おーい」

煌「」

京太郎「…?」

煌「」

京太郎「煌さん…?」

京太郎(よく見たら左右の髪がない…)

怜「おー清澄やん」

京太郎「あ、どうも」

怜「すまんすまんちょっと借りてたわ」スッ

怜「ここにあわせてっと」カチッ

煌「…!京太郎さんではありませんか」スバラッ

京太郎「そっちが本体!?」






バニー煌「どうです京太郎さん!」

バニー優希「壮観だじぇ!」

バニー咲「ど、どうして私まで…」

京太郎「どうしたんですかその服」

バニー煌「すばらっ、染谷さんに用意してもらいました!」

バニー優希「贅沢だじぇ!」

バニー咲「うう…」モジモジ

京太郎「…」

バニー煌「…」ツルーン

バニー優希「…」ペターン

バニー咲「…」リンシャーン

京太郎「…」フッ

煌優咲「!?」






京太郎「…」ボー

煌「京太郎さん」テクテク

京太郎「?」

煌「お茶が入りましたよ」コトッ

京太郎「ありがとうございます」ズズ

煌「…」ズズ

京太郎「…」

煌「…」

京太郎「…あ」カラッポ

煌「私が淹れてきましょう」

京太郎「いえ、今度は俺にやらせてください」スック

煌「あの」

京太郎「分かってますよ、煌さんの分は少しぬるめですよね」トコトコ

煌「…すばらっ」ニコッ






煌「…」ポッカポッカ

京太郎「手付かずの自然が残っているのは田舎のいいとこですね」

煌「すばらあ…気持ちいいです」ウトウト

京太郎「ははは、眠いですか?」ナデナデ

煌「…はい」ウトウト

ツースルスル

毛虫「よっ元気?」

煌「すばっ!!」ビクーン

京太郎「おわっどうしました!」

煌「…け、毛虫が」ドキドキ

煌「…」

指先に葉っぱがチョン

煌「!!」ビクーン

京太郎「ああ、Gとか出た後によくありますね」






煌「…」ザパーン

京太郎「…」ザパーン

煌「…無人島に流されてもう三日」

京太郎「…一向に助けが来ませんね」

煌「…私達、ここで死ぬのでしょうか」

京太郎「…」

煌「…」

京太郎「…」

煌「…」

煌「いま思い出したのですが」

京太郎「?」

煌「私、飛べるんでした」

京太郎「!?」






カピバラ「あっかんわほんま飼い主に捨てられてもたで」

カピバラ「あいつ次おーたらしばいたろかまじで」

カピバラ「そのまえにどこやねんここ」

煌「…」ジィー

カピバラ「…?」

煌「…」ジィー

カピバラ「…」

煌「お食べになられますか?」キャベツ

カピバラ「…悪いのう姉ちゃん」

煌「…」ニコニコ


煌「いやあ、まさか京太郎さんのカピバラとつがいになってしまうとは」

京太郎「どうするんですかこれ…」

カピ達<ヤリスギヤシンドウジ トキィーアカン バスガデルデー






煌「…あの方々…確実に怪しいですね」

ジン&ウォッカ「…」トコトコ

煌「…ちょっと用事を思い出しました、先に帰っていてください」タタタ

京太郎「え?ちょっと煌さん?」

京太郎(その時俺は…何故かこの先ずっと煌さんに会えないようなそんな気がした)

ウォッカ「ほんでこれがな…」

煌「…」コソコソ


バキッ

煌「うっ…」パタッ

ジン「甘いで竜k…ウォッカ、こんなガキに尾けられくさって」

ウォッカ「す、すまんとk…ジン」

ジン「ほなこの薬を飲ませて」シュウウウウウ

煌「…え?」パチッ

煌「左右の髪が極端に小さくなっていますね…」






煌「すばらっ、カリカリの表側を食べると中からトロッとしたタネが…」

煌「程よく茹で上げられたコリコリのタコにしゃきしゃきしたキャベツ!」

煌「そして後味にピリリとくる紅しょうが!超すばらですっ!」ムグムグ

京太郎「これは美味しいですね!」ムグムグ

怜「当然や、店も出してるしな」>>213

煌「んーすばらっ」ポロッ

煌「あっ…爪楊枝を落としてしまいました」

怜「なんやて、しゃーないやっちゃな…割り箸用意したるわ」ゴソゴソ

煌「面目ない」

京太郎「煌さん」

煌「?」

京太郎「はいあーん」

煌「すばらぁ」ムグムグ

怜「…もう要らんようやな」ワリバシバキッ






煌「船久保さんのメガネを壊してしまったので」

煌「今回は沢村さんに借りてみました!」

船Q「それはおかしいやろ」
ともきー「こわさないでくださいね…」

煌「沢村さんは船久保さんの程度が強くないんですねー」チャッ

煌「!!」

船Q「どうしたんや」

煌「…む、無性にPCがしたくなってきました」ブルブル

煌「何故でしょう…」

煌「はっ…あんなところにネカフェが!」

愛カフェ「よっ」

煌「すばらっ!」ドドドド

船Q「…」

船Q「のろわれた眼鏡やな…」

ともきー「」コクリ






煌「ふふふっ」

京太郎「どうしました?」

煌「いえ、付き合い始めた頃を思い出しますね」

煌「あの時もここで買い物をしましたね」

京太郎「そうでしたね」

怜「まあそん時の店員うちやったけどな」

煌「そしてここでご飯を食べましたね!」

京太郎「よく覚えてますね」ハハハ

怜「そん時のウェイターはうちや」

煌「そしてここでお土産を買いました!」

京太郎「鶴田さんは喜んでましたか?」

怜「あん時もわさびゼリーは土産にはむいてないと思ったわ」






煌「狂気の楽園の生贄は~♪」ダダダーダーダダ

煌「黒山羊を孕んだ村娘~♪」ダダダーダーダダダッ

煌「歪んだ旋律」ダッ

煌「小人が笑う」ダッ

煌「無秩序な、色彩の舞踏会ぃぃぃぇぁ」ジャジャジャージャー

煌「悪夢を見せようぇっほえっほ…」ゲホゲホ

煌「やはりあの声をそっくりそのまま出すのは難しいものですね…」ケホケホ

京太郎「そもそも煌さん女性ですしね…」

マホ「幽霊列車がもうすぐ~~~誰そ彼の駅につくから゛~」ズンズンズンズン

煌京「上手っ!?完全に模倣してる!」






煌「夏に向けて水着を新調しに行きましょう」

京太郎「ふむふむ」

煌「で、折角ですので部長達も誘いましょう」

煌「というわけでやってきました福岡!」

京太郎「おー」

哩「花田ん中で私らがデキてるということがわかったばい」

姫子「で?できてないんですか?」

哩「!?」

煌「早速水着を探しに行きましょう」


水着屋

煌「やはり私は貧相なのでカバーアップのついた物がいいですね…!」ムムム

哩「…」スッ

姫子「えー部長スタイルいいのにブラウジングする必要ありますー?」

哩「だ、だが人前で肌を出すのは…」

姫子「せめてパレオにしましょうよー!」キャッキャ

店員「暇そうやな、どれがあんたの彼女や」

京太郎「あの子です」

店員「知っとるわ清澄」






煌「…」イライラ

煌「…」イライラ

煌「…もぉうっ」

京太郎「ど、どうしました?」

煌「京太郎さんは黙っててください!」ガーッ

京太郎「す、すみません…」

煌「…はっ」

煌「…す、すみませんっ私としたことが…」

京太郎「いえ、大丈夫ですよ」ニコッ

煌(あれが始まるといつもイライラしてしまいますね)

京太郎(お腹が空いてるんだろう、レバニラでもつくってあげよう)






煌(大)「京太郎さんと一緒になって早くも7年」

煌(大)「子供も成長したので祖母の家に来ました」スバラッ

煌婆「まさかひ孫の顔が見られるとは長生きするもんだねぇ」カミノケパタパタ

煌母「お母さんったらまだまだ元気で生きてもらわなきゃ困りますよ」パタパタ

煌(大)「ふふっ、ほら挨拶なさい」パタパタ

煌(子)「こ、こんにちわ」パタパタ

京太郎「…」

京太郎「俺の血は薄いな」

煌母婆子「?」パタパタパタパタパタパタ






煌「偶然とはいえ私は見てしまいました…」

煌「お揃いのチキンタコスを食べながら幸せそうに歩く彼と、見知った女の姿を…」

煌「何故…何故なの…」

煌「何故なのよおおおおおおおおおお!」ガクッ

京太郎「いや煌さんがたまには優希と遊んでやれってタコスのクーポンくれたんじゃ…」

優希「あのマトンタコスこそ…私のタコスなのだじぇ…」






煌「ぐぬぬ」ムムムム

久「何してるの?」

煌「いえ、皆が麻雀に置いて色々な異能力を使用するので」

煌「麻雀の弱い私はせめて日常生活で超能力を使えないか試していたのです」

まこ「あっはっは、そんなものあるわけなかろうに」

和「そんなオカルトありえません!」

優希「先輩ロマンチストだじぇ!」

咲「そうですよぉ」

皆「あっはっはっは」

京太郎「空飛べるのは超能力じゃないんですかそうですか」






姫子「須賀ぁーほれ口あけてみ」

京太郎「?」アーン

姫子「はいあーん」アイス

京太郎「!」ムグ

煌「…」ジトー

姫子「…」ニヤッ

煌「!!」

姫子「もーひとくちくうー?」

京太郎「い、いえ…」

煌「きょ、京太郎さん!あっち行きましょう」グイグイ

京太郎「わわっ」タタタッ

姫子「あーはは、花田を嫉妬させるのはおもしろかー」

哩「須賀の奴~姫子にあーんばしてもらいよってからに~」ゴゴゴ

美子「部長もですか!?」






京太郎「これなんでしたっけ」

煌「それは~~~」

京太郎「そういえばこの間芸能人の~」

煌「バツ3ですけどね」

京太郎「今夜はパペですよ」

煌「すばらっ、ヴォードワの伝統料理ですね!」

京太郎「煌さん何でも知ってますね…」

煌「すばぺでぃあとよんでくだすばらっ!」






はぐれすばらがあらわれた!

京太郎「くっここはなんとしても倒しておかないと…」

たたかう
どうぐ
なでる
にげる

京太郎「…」

たたかう
どうぐ
なでる←
にげる

京太郎「…」ナデナデ

はぐれすばら「すばらっ!」トローン

はぐれすばらが仲間になった

京太郎「懐柔できるとかヌルゲー」






煌「花咲く森の中で熊さんに出会っちゃいました」

熊「おぅ姉ちゃんどこの組のもんや」

煌「ひぃぃ」

熊「ここはワシら島田組の島内やさかいのう」

熊「あんましでかいツラされると困るんや」

煌「ひぃぃ」

熊「聞いとんのか姉ちゃ…」

煌「」プルプル

煌「」プルプル

煌「」プルプル

熊「ま、まあ堅気に手ぇ出したら桜井の親分に指とばされるからのう」

熊「このぐらいにしといたるわ…」スッ

煌「!」ホッ

熊(あれに手出したら罪悪感で死ぬ気がするわ)






煌「吸血鬼になってしまいました」ババーン

京太郎「ま、まがまがしい…のか?」

煌「さあっそくおまえの血をすってやるーです!」スバラァァ

京太郎「うわーやられるー(棒)」タタタッ

煌「すばらぁー」テテテテッ

???「」ヒュースタッ

煌「何者!?」

京太郎「そ、その制服は…」

煌「せ、千里山…邪魔だてしますかっ」

怜「五月蝿い…死人がしゃべるなや」

怜「このウチらの眼前で死人が歩く、唯一の理法を外れ外道の法理を持って通過を企てるものを」

怜「千里山(われわれ)が…麻雀部(われわれ)が…」

怜「ウチが許しとけるもんか」ズバーン!

京太郎「なんか茶番始まったし」






煌「みてくださいこれっ!」

煌「宝くじが当たりましたよ、すばらですっ」キャッキャ

京太郎「ええ?ほんとですか!?」

煌「ほんとですよ!超すばらっ、超すばらですっ!」キャッキャ

京太郎(家具とか家電とか新しくしよう…そうしよう…)

京太郎「そ、それでいくらあたったんです?」

煌「それを聞きますか?」パタパタパタパタ

京太郎「…」ゴクリ

京太郎(これは凄い額の予感だ…)

煌「なんと!五万円です!一ヶ月のおこずかいの10倍ですよ!」キャー

京太郎「えっ…」






京太郎「煌さん…もうこの関係終わりにしませんか?」

煌「えっ!?」

京太郎「もう…恋人でいたくないんです…」

煌「そ…そんな…」

煌「ゆ、夢ですね」グニッ

煌「いたっ…夢じゃない…」

京太郎「これからはもう…」

煌「いや…いやです京太郎さん…」グスッ

京太郎「夫婦ということで…」

煌「いやあああ…えっ!?」

京太郎「どうぞ」パカッ

煌「…すばらぁ」ウェェェェェン

京太郎「わわっおちついてください!」

煌「京太郎さんのばかぁぁぁ」ウェェェェェン






京太郎「先輩!花田先輩!」

煌「!!」

煌「な、ななな何ですか?」

京太郎「いや、やっぱり一個下なので先輩と呼んでみたくなりまして」

煌「…」ドキドキ

Σ煌(はっ)

煌「じゃ、じゃあ次は私が後輩役で…」

京太郎「?わかりました…じゃあ」

京太郎「!!」

京太郎「き…き…」

煌「…」ウズウズ

京太郎「煌」

煌「すばらぁっ!」ダキッ






京太郎「煌さん、おはようございます」

煌「…おはよう」ツン

京太郎「…?」

煌「何?」

京太郎「い、いえ」

煌「そっ」フィッ

京太郎「…」

京太郎「…」ナデナデ

煌「…」スバ…

煌「…~♪」スバラァ…

煌「卑怯です!!」グワッ

京太郎「何が!?」






煌「たまには一箇所にくくってみようと考えましたが…」

煌「なんか髪の毛がUの字になってますね」

煌「重力とかどうなってんでしょコレ」

久「煌ーこれもっててくんない?」

煌「あはい…」

久「ここかけとくね」ヒョイッ

煌「それ物かけるとこじゃないです!!」 






煌「ディズニ○ランドに来ました」

煌「あれはミッ○ーですね!」

京太郎「あはは、煌さん○ッキーすきなんですか?」

煌「写真とりましょう写真!」

ミ○キー「ハハッ」

煌「感激です!」パタパタパタパタ

子供「うわあー耳うごいてるかわいいー」

煌「え?」

子供「えーでもこんなキャラクターいたっけ?」

煌「わ、わたしはキャラクターでは…あと耳じゃなくて髪…」パタタタ

子供「また耳うごいたー!」

子供「写真取って取ってー!」

煌「京太郎さーん」

京太郎「子供の波に飲まれてしまった」






照「ツモ」ギュォォォォォ

煌「すばらぁー」

咲「嶺上開花」

煌「すばらっ!?」

衣「海底撈月」

煌「むむむ」

煌「京太郎さんが見ている以上無様に飛ばされるわけには行きません…」

煌「かならずやこの局を抜けて見せます!!」

煌「…」チラッ

京太郎「…!」

京太郎(ファイト!)グッ

煌「…」ニヘラ

照「ロン」

咲「点棒なくなっちゃいましたね」





○月○日
夜、清澄の優希と和、新道寺の鶴田さんと麻雀をやりました、優希ったら私を狙い撃ちしにきましたが嫉妬でしょうか?
でも私は飛びません。

○月×日
今日、京太郎さんからカレーをリクエストされました、皮を剥いて切ったリンゴ入れました。
肉多目がいいと仰られたので豚肉を入れたら京太郎さんたら、長々と褒め称えた挙句やっと食べ始めました。

~中略~

○月△日
きょう
たろ

京太郎「日記はココで終わっている…」

煌「勝手に変なこと書かないで下さい!」






煌「はぁっ…はぁっ…」タタタタッ

Jソン「…」トッ…トッ…

煌「はぁ…はぁ…」ゼェゼェ

Jソン「…」トッ…トッ…

煌「!!」ダダッ

Jソン「…」トッ…トッ…

煌「行き止まり!?こないでください!!」

Jソン「…」トッ…トッ…

煌「おねがい…します…」

Jソン「…」トッ…

斧ブゥン

煌「ひっ」ギュッ

怜「まあうちやけどな、ドッキリ成功や」

京太郎「前から思ってましたがぜったい病弱嘘ですよね」