コーチ「池田の馬鹿はどこだァ!」

池田「ど、どうしたんですかコーチ?華菜ちゃんは何もしてないけど…?」

コーチ「言いからコッチに来やがれコラァァ!口答えすんなオラァ!」

池田「は…はいいい!」

キャプテン「華菜……また何かしたのかしら?」

未春「華菜ちゃん……大丈夫かなぁ?」

コーチ「池田ァ!今からお前に任務を与える!心して聞きやがれ!」

池田「は、はいいい!」

コーチ「これからお前には……ベーリング海でカニ漁に行ってもらう!」

池田「へ……カニ漁…だし?」

コーチ「そうだ!お前には部室で使うカニの調達を任せる!手筈はこちらで全部済ませたからな!しっかりと準備しておけよ!」

池田「は…はあ…分かりました…」

池田(なんでカニ漁なんだろ?そもそもベーリング海って一体どこだし?)



【部室】

池田「ねえねえ、みはるん…聞きたい事があるんだけど」

未春「えっ、なに華菜ちゃん?」

池田「ベーリング海でのカニ漁って何をすればいいんだし?」

キャプテン「――――!華菜……今、なんて言ったの?」

池田「あっ、キャプテン!どうかしたんですか…なんだか顔色が悪いですけど…?」

キャプテン「ベーリング海でカニ漁に行くって聞いたけど本当なの…?」

池田「はい、そうですけど…何かまずい事でもあるんですか?」

キャプテン「………華菜、私はあなたの事をいつまでも忘れないわ…」

池田「へ…?いきなり何を言っているんだしキャプテン」

キャプテン「さようなら華菜っ……!」


タッタッタッ…

池田「キャ、キャプテン!急にどうしたんですか~!?」

池田(一体ベーリング海でのカニ漁ってなんなんだー!?)

池田「キャプテンがあんなに狼狽えるなんて……もしかしてベーリング海でのカニ漁って凄く恐ろしい仕事なんじゃあ…」

コーチ「池田ァァ!何をボーっとしてんだァ!?準備をしろって言っただろうが!」

池田「ええっ!?準備しろって……いつカニ漁にいくつもりなんですか!」

コーチ「明日に決まってんだろォォォ!何をのほほんとしてんだてめえェ!」

池田「は…早!いくら何でも早過ぎるし!」

コーチ「池田の分際で意見してんじゃねえぞォ!」


ミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシ…

池田「痛い痛い痛い痛い!アイアンクローを止めてくださいぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

コーチ「てめえの意見なんざ聞く必要なんかねえんだよォォ!」


ミシミシミシミシミシミシミシミシミシ

池田「がああああああああああああ!」



【次の日】

池田「うう……頭が痛いし…何でこんな朝早くに起きないといけないんだろ…?」

コーチ「池田ァ!眠たそうなツラしてんじゃねえ!」

池田「ひいっ!ご、ごめんなさいだし!」

コーチ「まあ、いい!さっさと車に乗れ池田ァ!」

池田「は……はいい…」


バタンッ

コーチ「時間がねえから飛ばすぞ!しっかりシートベルトをしとけ!」

池田「し…締めましたコーチ…」

コーチ「そんじゃあ……行くぞコラァァァァァ!」


ギャアアアアアア……!

池田「ひいいいい!ちょっとスピードを上げ過ぎだとおもいま……」

コーチ「駆け巡る爽快感がたまらないなぁ池田ァァァァァァ!」


ゴ ギャ ギャ ギャ ギャ ギャ ギャ ギャ !

池田「ぎゃあああああああああ!誰か止めてぇぇぇぇぇぇぇぇ!」


こうして一時間の間、コーチの闘争心むき出しの攻撃的なドライブの被害にあった池田であった


コーチ「今日はいい天気だなぁ池田ァァ!」

池田「うぷ……おえっ……!」

コーチ「なんだぁ池田ァ!?この程度でへたれるなんて情けないぞコラァ!普段たるんでいるからそうなるんだろうが!」

池田「そ…そんなの関係ないし……」

コーチ「意見するなって言っただろうが池田ァァァァァァ!」


ギリギリギリギリギリギリギリギリ

池田「ぎゃああああああ!こめかみをグリグリしないでぇぇぇぇぇぇ!」

コーチ「おらおらぁ!ベーリング海ではこの程度じゃすまねーんだぞォ!」


ギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリ

池田「痛い痛い痛い痛い痛いいいい!」

コーチ「そんじゃあさっさと船に乗れ池田!くれぐれも船員の皆様に迷惑をかけるんじゃねーぞ!」

池田「は…はい……」

こうして池田はしぶしぶと船の中に乗った

コーチ「元気でやれよ池田!」


ブオオオオン……

池田「はあ……ようやく解放されたし…」

船長「お前が池田華菜かコラァ!?」

池田「ひ、ひいい!こ、コーチ!?どうしてここにいるんですか!?」

船長「何を言ってんだてめえ!寝ぼけてんじゃねーぞ新人!」

池田「ひいっ!ごめんなさい!」

船長「ちんたらやってみやがれ!お前を船から突き飛ばすからな……分かったか新人!」

池田「は…はいいいいい!」

船長「おい、京太郎!お前が新人の面倒をみてやれ!」

京太郎「ういーっす!」

池田「お前は確か…清澄の男子部員!何でお前がここにいるんだし?」

京太郎「そういうあなたは風越の池田さん……でしたっけ?俺はタコス代を稼ぐために、ここで船乗りをしているんですよ」


京太郎の話では麻雀部のタコス代がカットされたらしい。


池田「とりあえずよろしくな、京太郎!」

京太郎「ええ…よろしく…って池田さん、その服装はなんですか?」

池田「えっ?これでも厚着をしている方だけど」

京太郎「はあ……そんな服装でベーリング海に行こうとするなんて……完全にベーリング海をなめてますね」

池田「こ、これじゃあ駄目なのか?」

京太郎「全然駄目です……仕方ない、俺の着替えを貸してあげますよ」


京太郎は大きな溜め息を吐きながら自分の鞄から服を取り出した。


池田「あ…ありがとうだし」

京太郎「何を言っているんですか、早く着替えてください……死にたくなければね」

池田「へ……死にたくなければって……どういう事だし!?」

京太郎「それは行ってみれば分かりますよ……多分、行かなければ良かったと思いますから」

船長「新人!さっさと着替えやがれ!そろそろ出航するんだからよ!」

池田「は…はいい!」


こうして池田の乗った船はベーリング海に向かっていった



【二時間後】

池田「うええええええええ…すっごく気持ち悪いんですけど…」


あまりの揺れに池田は今朝食べたおにぎりを口から戻してしまう


船長「おいこら新人!何、船の中で吐いてんだコラァァァァァ!吐くんだったら船の外で吐きやがれ!」

池田「す…すいませ……うぷっおえええええええええええ!」

京太郎「見事な吐きっぷりですねぇ池田さん……もうボロボロじゃないですか」

池田「おおえ……もうお家に帰りたいし……うぷっおええええええええ!」

京太郎「やれやれ…この程度でギブアップなんて案外と不甲斐ないですね池田さん……」

京太郎「ベーリング海はこんな優しいものじゃないですよ」

池田「ふぇっ……それってどういう…」

船長「おい、京太郎!ちょっと手伝え!」

京太郎「ういーっす!それじゃ、俺は仕事がありますんで!ベーリング海ではくれぐれも迷惑をかけないでくださいよ!」


タッタッタッ……

池田「うぷっ………もしかしてキャプテンは…この事を知っててあんな事を言ったのかなぁ…?」


空を飛んでいる鳥を眺め、池田は再び吐いてしまう。
しかしこれは、これから始まる絶望の宴の序章に過ぎなかった。



【ベーリング海】


ザァァァァ! バシャアン!

池田「ぎゃあああああああああ!殺されるぅぅぅ!」

京太郎「無駄口を叩かないでください!死にたいんですか!?」


激しい波と揺れが池田の乗っている船を襲う


船長「コラァ新人!ちんたらするなって言ったろうがよおおおお!」


ザバーン! ザバーン!

池田「す、すいませ」


バシャァァン!

池田「ぎゃああああ!冷たああああい!」ガチガチガチ

船員A「邪魔するんじゃないじぇ新人!」


バキッ!

池田「ひいいいいいいいい!ごめんなさいだし~!」

京太郎「池田さん、手伝わないならそこにいないでください!はっきり言って邪魔ですから!」


ザブゥゥゥン……

池田「ちょっ、ちょっとあそこの船…沈没してるんですけど!?」

船長「そんなもんほっとけ!今は船のバランスをとる事に集中しろぉ!」

池田「で、でも…」

京太郎「このままだと俺達の乗っている船も沈んじまうんだよ!そんな事も分からねーのか池田さん!」

池田「ああう…」


バシャァァン!

池田「ぎゃああああああああああああ!ちべたあああああああああい!」ガチガチガチガチガチガチ

船長「馬鹿野郎!このままだとてめえが凍え死にすんぞ!他人の事を考える前に自分の事を考えろ新人!」

池田「はひ、はひ、はひ……わかひまひたあ……」ガチガチガチガチガチガチ

船長「京太郎!カゴを引き入れろォ!」

京太郎「了解っす!」


ザブゥゥゥン ザバーン…

池田「寒い寒い寒い寒い……寒くて死にそうだし…」ガタガタガタガタガタガタ

京太郎「お疲れ様でした池田さん」

池田「あう……京太郎…ベーリング海のカニ漁がこんなに凄まじいものだったなんて……」

京太郎「ははは…でも、今日は楽な方だと思いますよ」

池田「ええ……!あれで楽な方って…嘘だろ?」

京太郎「いつもなら波が船全体を襲いますし、揺れだってあまりない方だしさ……」

池田「そんなぁ……!」

京太郎「頑張ってくださいよ池田さん、明日はもっとハードだと思いますので」


タッタッタッ……

池田「………誰か助けて…このままじゃあ私…殺されるし……」


暗い船内の中、池田は一人涙を流しながらポツリと呟いた。



――数週間後

キャプテンの元に一通の手紙が届いた

===================================================================

キャプテンへ

キャプテンがこの手紙を読んでいる頃には私はもうこの世にはいないかも分かりません。
今、華菜ちゃんはベーリング海の一番危険な場所でカニ漁をしております。
毎日毎日、揺れに襲われ水飛沫にさらされて死にそうです。
他の船員にもハブられるし、唯一優しかった京太郎も最近冷たくて悲しい。
キャプテンにカニを送りました。よかったら食べてください。さようなら。

       華菜より

===================================================================

キャプテンはその手紙を泣きながら読み、華菜が送ったカニを一口頬張って呟いた。


キャプテン「まずい………」




第3話「熱烈歓迎べーりんぐらんど!」