京太郎「なぁ、咲」

咲「どうかしたの?京ちゃん」

京太郎「いや、別に?」
京太郎「やっぱし咲をからかうと面白いな。って思って」

咲「むぅ…、」
咲(ここでこのまま終わったら負けな気がする……)
咲(ようし!)
咲「ねぇ京ちゃん?」

京太郎「どうした?咲」

咲「付き合ってくれない?」

京太郎「買い物にか?」

咲「ううん?」
咲「『恋人として』だよ?」

京太郎「ハァ!?」

咲(ふふん…。)
咲(からかわれてばかりの私じゃないんだよ?)
咲(見たか!この京ちゃんめ!)

京太郎「分かった!」

咲「えっ?」

京太郎「付き合おうぜ?恋人として。」

咲(えぇぇーー?)
咲(つまり私が京ちゃんに告白して京ちゃんがそれをOKしてつまり…)
咲(京ちゃんが私の彼氏!?)
咲「あうあう………。」

京太郎「ハハハ!」
京太郎「やっぱりお前ってからかいがいがあるわ、咲。」

咲「えっ?」

京太郎「お前、俺をからかおうとしたんだろ?」

咲「……。」

京太郎「全く、そんなん十年早いっつーの!」

咲「………。」

京太郎「って、どうした?咲?」

咲「がんばっ……のに……。」

京太郎「え?」

咲「頑張って告白したのに!!!」

京太郎「え……あ……あぁ………。」

京太郎(つまり今の『付き合おう』は本気だったって事か?)

咲「………。」グスッ

京太郎(そんな事考えてる場合じゃねぇ!早く謝らねえと…。)
京太郎「いや……別に……あのな……」
京太郎(だぁー!どう言えばいいんだよ!)
京太郎「別に告白したことをからかったワケじゃなくてな?」
京太郎(こういう事を言いてえんじゃ無えんだよ!)
京太郎「だから……その?……な?」

咲「…………。」
咲(ふふふ………。)
咲(京ちゃんめ……本気で戸惑ってるな!)
咲(さてと…、いい物も見られたしそろそろネタばらしを……)

京太郎「お前の事が好きでからかいたくなった。って言うか……。」

咲「えぇっ?」
咲「でもそれってからかうのが好きって事だよね?」

京太郎「あ、いや、からかうのが好きなんじゃなくてな……。」

京太郎「お前の事が好き、って事なんだがな……。」

咲「」

京太郎「何か……すまんな…変にからかって……。」
京太郎「嫌だったならもう変な事言わないようにするから……。」

咲(えぇぇーーー!?)
咲(どういうことなの!?)
咲(つまり私が京ちゃんをからかおうとしたけど京ちゃんにからかわれて
  それでまた私がからかおうとしたけど京ちゃんは本気で……。)
咲(ええっと……つまり、)
咲(京 ち ゃ ん は 私 の 事 が 好 き !?)
咲(えぇ?違うよね?違うはずだよね?私は京ちゃんが好きだけど
  京ちゃんが私を好きって事は??あれれ???)
咲(もう!どうにでもなっちゃえ!)

咲「ううん、別に嫌じゃ無いよ?」
咲「京ちゃんとお話できるなら……それだけで……。」

京太郎「咲……」
京太郎「この際言うけど俺さ、お前の事が……。」
京太郎「好きだ。」

咲「京ちゃん……。」

京太郎・咲「……………」

京太郎「なぁ咲、返事をくれると有難いんだが咲「京ちゃん!」ギュッ
京太郎「あぁぉうふ!」

咲「私も好きだよ。京ちゃん。」

京太郎「おう!」


咲(えへへ……。)
咲(本当は告白をからかった事を皆に言いふらすって脅して付き合うつもり
  だったんだけど……。)
咲(予想外だったけど上手く事が運んで良かった……。)
咲「ねぇ京ちゃん?」

京太郎「ん?どうした?」

咲「浮気なんてしたら許さないからね!」

京太郎「ははは、お前みたいな可愛い彼女がいちゃあ浮気なんて
    する気も起きねぇよ。」

咲「もう、そんな恥ずかしい事言わないでよ。」

京太郎「やっぱしお前って可愛いな。咲」

咲「もう、馬鹿。」
咲(可愛い、かぁ……。嬉しいなぁ。)
咲(でも、浮気なんてしたら)
咲(絶対ニ許サナイカラネ?)


なんか尻すぼみだがおしまい。

名前:
コメント: