久「須賀くん…どうしても私を好きになってくれないの?」

京太郎「部長…俺は…」



久「ヒィーサッサッサァー!こんなこともあろうかと媚薬用意したのよーーー!!
  さあ飲みなさい須賀くぅーん!須賀君のちょっといいとこみてみたいぃぃぃーー!!」

京太郎「な、なにをするー!」



久「あはは、こんなことしたって無意味よね…須賀くんの心はもう和にしか向いてないもの」

京太郎「部長」

久「うーん、どこで勝負がついちゃったのかしらね~」



久「でも我慢できないわ!須賀くううううん!!」

京太郎「キャアァーー!?」

まこ「<●> <●>」