ーーーー露天風呂

泉「す、須賀くん……」

京太郎「な、なんだ?」

泉「ここ、混浴じゃないですよね……?」

京太郎「そのはずだけど、その……」

「部長おっきー!」「園城寺先輩のぼせんといて下さいよー」「セーラ先輩、やっぱり付いてない……」

京太郎「女湯は確実にあっちだな」

泉「ど、どどどどうしましょ?」

京太郎「ま、まあ待て。まだ慌てるような時間じゃ……」

「二条さんいたー?」「部屋にはいなかったよー」「まさか須賀と……」キャーッ!

京太郎「あわ、あわわわわわ」

泉「八方塞がりや……」

京太郎「まあ、その、男は俺しかいないし……」

「須賀くんの声しない?」「覗いてみる?」「メガネ曇って見えへん……」

泉「万事休すや……」

京太郎「隠れてやり過ごすしか……」

雅枝「あれ?」ガララ!

泉「あ」

京太郎「げ」

雅枝「……あっちが正解か?」

京太郎「は、はい……」

泉「あの、監督、その……」

雅枝「いや、何となくわかるからええわ。バレんよう手伝ったるから、安心してええで」

泉「ありがとうございます」

雅枝「京太郎」

京太郎「は、はい」

雅枝「……そっちは自分で何とかせえよ?」

京太郎「え、あ、はっ! はい……」

泉「……」


ーーーーその後

泉「須賀くん」

京太郎「あ、泉。さっきはごめんな」

泉「いや、間違えたのはウチやし。それより、さっき須賀くん、その、アソコ……」

京太郎「へ? あ! いや、その……」

泉「どっちですか?」

京太郎「は?」

泉「ウチと監督、どっちのせいでああなったんですか?」

京太郎「そ、それは……」

泉「もし、ウチのせいやったんなら、その……」

京太郎「泉、俺は……」

泉「責任とるから! だからそっちも……責任、とって?」


カンッ!