華菜「悪いな須賀、妹たちの面倒をみるのを手伝ってもらっちゃって」

京太郎「いえいえ、そのおかげでこんなに美味しいおでんのご相伴にあずかれたので役得ですよ」

華菜「おう、おかわりならまだあるからどんどん食えよー?」

京太郎「さすがにそろそろ帰らないと……」

小池ズ「「「まだ遊ぶし!」」」

華菜「妹たちもこう言ってるんだ、もう少しゆっくりしていけよ」

京太郎「はぁ……」

小池ズ「「「にいちゃんこれ食べるし!」」」

京太郎「い、いきなりは熱いって……」

華菜「妹たちを泣かしたら許さないからなー?」

小池ズ「「「さぁ口を開けるし!」」」

京太郎「せめてふうふうしてくれよ……」


カンッ