望「あれ?京ちゃん?」

京太郎「ん?あぁ、ね…望さん」

望「ひっさしぶりだね~。1人?あの子は一緒じゃないの?」

京太郎「今日はシズと遊びに行くって言ってましたよ」

望「そっか、ところでさぁ…」

京太郎「はい?」

望「昔みたいに姉ちゃんって呼んでくれないんだ?それになんか敬語だし、よそよそしくない?」

京太郎「そ、それはですね…なんというか気恥ずかしいというかなんというか…」

望「ふ~ん…じゃあ私も京ちゃんっていうのやめようか?子どもっぽいし」

京太郎「いや構わないですよそこは」

望「あらそう?まぁ、やめろって言われてもやめる気ないけどね!」

京太郎「ハハ、相変わらずですね」

望「あ、でも敬語はやめてほしいかなー」

京太郎「わかり…わかったよ、善処する」

望「善処するなんて難しい言葉使っちゃって~」ホッペウリウリ

京太郎「や~めーろーよ~」

望「ふふふ」

京太郎「ったく…本当に変わってねぇな!」

望「私はね…」

京太郎「?」

望「京ちゃんのことを本当の弟みたいに思ってるから、だからいつでも姉ちゃんって呼んでくれていいんだよ」

望「昔みたいに、さ」

京太郎「…望さん」

望「あれ?ここは姉ちゃんって呼んでくれる流れじゃないの?」

京太郎「気が向いたらなー」

望「相変わらずツレない子ねー」

望「まぁそのうち本当に義弟になるんでしょうし、気長に待ちますか」

京太郎「俺が捨てられなければね」

望「それは絶対大丈夫だと思うよ」

望「ところで京ちゃん、この後時間ある?あるよね?無くても作って私の買い物付き合いなさい!」

京太郎「いまひどい横暴を見た」





この夜「彼女が遊びに行ってる隙に、他の女と買い物とか最低信じらんない浮気者」って電話でメチャクチャ怒られた
お前の姉ちゃんだよ

本当に変わってなくて安心した。

カンッ