「池田ァ!」

華菜「ニャッ!?」

京太郎「あははは! ビックリして耳が4つになってる!」

華菜「う、上の2つは耳じゃないし! てか京太郎のくせに驚かすなし!」

京太郎「いやあ、すんません。貴子さんが、面白いからやってみろって」

華菜「コーチ……ん? お前なんでコーチのこと下の名前で呼んでるんだ?」

京太郎「ああ、貴子さんは俺の叔母です」

華菜「マジか!?」

京太郎「ウソだし!」

華菜「テメェ、この華菜ちゃんをおちょくるとはいい度胸だし……」

京太郎「すんません、すんません。プレゼントあげますから勘弁してくださいよ」

華菜「え? ぷ、プレゼントって、まさか……」

京太郎「今日誕生日でしょ? これは俺からで、こっちは貴子さんからです」

華菜「コーチから!? なんか怖いし!!」

京太郎「あけてみたらどうです?」

華菜「そ、そうだな。では……」ガサガサ

華菜「な!? これ全部華菜ちゃんの牌譜だし! しかもなんか色々書かれてるし!」

京太郎「今までの校内戦、公式戦のやつを1年の時からずっと、先輩のだけ別にとっておいたらしいですよ」

華菜「コーチ……」

京太郎「今日はみなさん別室で先輩の誕生日会の用意して待ってますから、行きましょう」

華菜「おうだし!」

京太郎「因みにケーキは貴子さんの手作りです」

華菜「それ食えんのか?」

貴子「それはどういう意味だ?」

華菜「どうって、あんなガサツな人がケーキなんて作れるはず……は、あるよ、あるある……
    だからその拳をひらいて掌にしてほしいし!」

ゴンッ!

華菜「てかお前、清澄の生徒だろ。なんでいるんだし?」

京太郎「ああ、それはですね……」チュッ…

華菜「な、なななな……」

京太郎「こういうことです」

華菜「なんで京太郎がコーチにキスしてんだし!?」


カンッ!