京太郎「お誕生日おめでとうございます、池田先輩」

華菜「ちゃんと先輩にプレゼントを用意するとは殊勝な奴だし!」

京太郎「お褒めにあずかり恐悦至極」

華菜「さっそく開けてもいいし?」

京太郎「ええ、どうぞ」

華菜「………このプレゼントはなんだし?」

京太郎「お気に召されませんでした?」

華菜「どうしてあたしの誕生日プレゼントがメイド服なんだし!?」

美穂子「二人で選んだけどいやだったかしら……?」

華菜「そ、そんなことないし……」

京太郎(チョロい)

華菜「さっそく着てみてもいいですか、キャプテン!?」

美穂子「えぇ、構わないわよ」

京太郎「じゃあ俺外で待ってますね」

華菜「華菜ちゃんのナイスバディーを覗くなよー?」

京太郎「はいはい」

「入ってもいいし!」

京太郎「失礼しまーす」

華菜「華菜ちゃんの魅力に酔いしれればいいし!」

京太郎「馬子にも衣装って本当なんですね……」

華菜「どういう意味だし!?」

美穂子「京太郎くんも照れたからって華菜をからかわないの」

京太郎「すいません」

美穂子「だったらちゃんと感想を言ってあげてね?」

京太郎「あまりのかわいさにビックリしました!」

華菜「ふにゃ!?」

京太郎「こんなメイドさんがいたら俺毎日でも頑張っちゃいます!」

華菜「ふにゃにゃ!?」

京太郎「それに……」

美穂子「す、ストップ!それ以上やったら華菜が……」

華菜「ふにゃ~」

京太郎(どうしてネコミミメイドになってるんだろう……?)


カンッ