良子「甘えてくる年上ってどう思いますか?」

京太郎「はい?」

良子「こう、年上の彼女はむしろ甘えたいとか言うじゃないですか」

京太郎「いや、いきなりなんですか?」

良子「私に至ってはクールな美人とか言われてますよね」

京太郎「自分で美人って言う方がどうかと思います。その通りですけど」

良子「サンキュー。でも、それがちょっと邪魔というか、キャラクターと違うというか」

京太郎「つまり?」

良子「傭兵とかソロモン王もノーですし。あ、イタコの方は巫女はやったんであながち嘘じゃないんですよね」

京太郎「…………」

良子「むしろスピリット呼ぶ?憑依合体?いやでも……なんというかそれも違うというか」

良子「そもそも甘やかすのは好きです。でも、その分……その……」

京太郎「はい」ギュッ

良子「え……あの……これ……」

京太郎「要するに、甘えたいけど恥ずかしい、ですよね?」

良子「あー……うー……い、いえす」

京太郎「俺はいいですよ。良子さんが年上だろうとなんだろうと、甘えたい時は甘えてくれて」

良子「……リアリー?」

京太郎「はい。俺は、そんな良子さんも好きですから」

良子「……I love you so much」


カンッ!!