怜「愛してるで、きょーたろー……♪」

怜「ん?きょーたろーもウチのこと愛してるって?わかっとるよ、そんなことは……」チュッ

怜「もう……いきなりはズルいやろ……」

怜「今度はウチからしたるわ、んー……」チュッ

怜「はぁ……きょーたろーとのキスは何回やっても頭ん中が蕩けそうになるわ……」

怜「で、や。今日、きょーたろーは誰と話とったん?
   ウチが見たときは清澄の大将に白糸台の部長……それと近所の娘とも話とったよな?
   まだまだきょーたろーから他の女の子の臭いすんねんけど……なぁ?」

怜「ウチが目ぇ離した隙に何しとんねん……。そんなにウチに嫉妬させたいんか?そんな小さいことでウチが嫉妬するぅ思ったんか?」

怜「そんなミジンコにも劣る小さいことぐらいじゃ嫉妬せえへんよ?もっと分かりやすいことやらんとな?」

怜「例えばやな…………」

怜「 こ こ か ら 逃 げ だ し て 他 の 女 の 子 と あ っ た り 」

怜「とかやなぁ……。あ、他の娘と会ってたことはそんなに起こってないねんで?問題はここから逃げ出したってとこや」

怜「何回ゆっても治らんなぁ、その浮気性……むしろきょーたろーを治すより相手を相手をどーにかしたほうがええ気がしてきたわ……」

怜「今回はきょーたろーへのお仕置きがちょっとと浮気相手へのお仕置きが沢山ってことでええやろ?」

怜「ま、どうせ聞こえてないんやろうけど……そんなんゆうてる間にウチときょーたろーの愛の巣へ到着や♪」

怜「よいしょっと……」ドサッ

怜「ようやく戻ってこれたで……愛する人の為とはいえ、気絶した男を担いでくると
   なかなか疲れるわ……ん?目ぇ覚めたか?きょーたろー」

京太郎「と、怜……さん……ゲホッ!ゴホッ!」コヒュー…コヒュー……

怜「ほら、いきなり声出そうとするからや。もうちょっと落ち着きぃ……」

京太郎「はぁー……はぁー……。なんでこんなこと……するんですか……」
怜「そんなん決まっとるわ、きょーたろーのことが一番好きやから」

怜「誰にも渡したくないし渡すつもりもない。それにきょーたろーはいつも病弱なウチのこと気にかけてくれるしな。
   そんなに優しいきょーたろーがあの他校の雌豚どもと触れあうだけで胸が張り裂けそうになんねん……」

怜「おっ!準備できたみたいなやな……」

京太郎「じゅ、準備って……?」

怜「きょーたろーがウチだけを見てウチだけを触ってウチだけを頼ってウチだけを感じれるようになる用意やで?」

怜「さ、始めよか……」

京太郎「や、やめ……!!!」

怜「あ、いい忘れとったわ、きょーたろー」

怜「 世界で一番 ア い シ テ る ♪ 」