由子「はい、京太郎。バレンタインのチョコなのよー」

京太郎「あの……」

由子「ん、どうしたん?」

京太郎「いえ、もう2月の20日なんですけど」

由子「う~ん……」←カレンダーを確認

由子「そやね」ニコ

京太郎「なんで今になってチョコを」

由子「わからんかな~」

京太郎「どゆこったい」

由子「今のは私の名前の掛けたちょいボケなん?」

京太郎「違います」

由子「ホントは、きちんと14日に渡そうと思ってたんよ? けど」

京太郎「けど?」

由子「京太郎が、期待してそわそわしてると思ったら」

京太郎「思ったら?」

由子「焦らしたくなってしまったのよー」

京太郎「………………………………はい?」

由子「期待の眼差しでこっちを見てる視線を故意に逸らすと、その後の恨めしそうな残念そうな、顔」

由子「堪らないのよー」ゾクゾク

京太郎「そんな理由で、この一週間避け気味というか半無視気味だったのかよ……」

由子「一週間遅れとはいえ、チョコ、嬉しくなかったん?」

京太郎「それは、嬉しいですけど……」

由子「ふふふ」

京太郎「性悪女め」

由子「ん~、なんて言うたん?」

京太郎「なんもないです」

由子「なら、お詫びにお願いを聞いてあげよか」

京太郎「お願いねぇ。じゃあ週末にデートしてください」

由子「OKよー」

京太郎「あら、あっさり。じゃあどこ行きましょうか」

由子「なら、駅の近くの自然公園でゆっくりしよか。あそこに出てる屋台のクレープは絶品なんよ」

京太郎「そんなのでいいんですか? せっかくの休みですし、
       海遊館とか天王寺動物園とかUSJとか、中央区で食べ歩きでもいいですし」

由子「そういうのも楽しそうやけど、それはまた今度」

由子「たまには学生らしいデートもええやろ?」

京太郎「そうですね」クスッ

京太郎「なら、週末は自然公園でのんびり散歩デートと行きますか」

由子「しっかりエスコート、お願いな? 彼氏さん」

京太郎「任されて、彼女さん」


カン!