京太郎「莉子誕生日おめでとうー!ほい、これ誕生日プレゼントな!」

友香「おめでとでー!私からもプレゼントでー!」

莉子「あ、ありがとう友香ちゃん、須賀君」

京太郎「いやいや、そんな礼なんていいぜ莉子」

友香「そうそう。この誕生会だって京太郎は基本的に私のお手伝いだからお礼は必要ないでー」

京太郎「飲み物に変なもん用意しようとしてたお前を止めたのは誰だったか忘れたのか友香……!」

友香「アレの美味しさを理解出来ないなんて味覚がおかしいでー!」

京太郎「むしろアレを美味しいと思うお前の味覚がおかしいんだよ!」

友香「うぐぐ……」

京太郎「ぐぎぎ……」

莉子「ふ、2人共喧嘩しちゃダメだよ……」

友香「そうだ!ここは莉子に決めてもらうでー!」

莉子「えっ」

京太郎「そりゃいい考えだ!莉子ならお前みたいに味覚がおかしくなってないだろうしな!」

莉子「えっ、えっ?」

友香「なら早速ここに用意したミルク麦茶改を飲んでもらうんでー!先輩方も思わず倒れる美味しさでー!」

莉子「えっ、えっ、えっ?」

京太郎「へっ、飲むまでもなく拒否しそうだな」

友香「莉子はそんな飲まず嫌いする子じゃないでー!」

莉子「……」

私、今日お誕生日だよね?
2人共忘れてないよね?

友香「だいたい京太郎はデカすぎて邪魔!」

京太郎「今はそれ関係ねえだろ!?」

莉子「……くすっ」

でも……インターハイの後も変わらず接してくれて、こんな風にお誕生日を祝ってくれる友達が
いるって事が何よりのプレゼントなの、かな?

莉子「あっ、美味しい」

京太郎「マジか!?」

友香「やったでー!というわけで京太郎、もうすぐ来る私の誕生日プレゼントは期待してるでー!」

京太郎「おい待てや、いつそんな賭けをしたよ!?」

友香「今でー!」

京太郎「お、お前なあ……」

莉子「だ、だから2人共喧嘩しちゃダメだってば……」

カン!