穏乃「あ、京太郎!今帰り?」

京太郎「ああ、そうだけど……一緒に帰るか?方向一緒だし」

穏乃「うん、そうする」

テクテク

京太郎「なぁ、穏乃」

穏乃「何?」

京太郎「お前もさ、一応女なんだからジャージ一丁はやめろよ」

穏乃「え~?何で~?」

京太郎「いやいや……恥ずかしいと思わないのか?その格好…」

穏乃「え?別に思わないよ。動きやすいし」

京太郎「あのなぁ…普通の女子高生ならその格好恥ずかしいと思うもんなんだよ。お前ももう少し恥じらいってものを持てよ」

穏乃「むー!私がどんな格好してようが私の勝手じゃん!ほっといてよ!」

京太郎「……はぁ…」ピットゥルルル

憧『はいもしもし』

京太郎「ああ、憧か?駄目だった」

憧『はぁ?何諦めてんのよ!?もっと頑張りなさいよ!』

京太郎「無理言うなよ。本人に自覚ないからどうしようも無いんだよ」

憧『ああ、そう…分かったわ。なら他の手を考えてみる』

京太郎「ああ、そうしてくれ。じゃあまた明日な」ピッ

穏乃「…?何の話?」

京太郎「ああ、お前のその格好な、憧も玄さんも宥さんも灼さんも晴絵さんも
       一緒にいて恥ずかしいって思ってるんだよ。だからどうにかしてそのジャージ一丁をやめさせようとしてるんだが……」

穏乃「はぁ!?何だよそれ!皆そんな事思ってたのか!?」

京太郎「普通の女子高生なら皆そう思うよ。灼さんはそうでもないけど、特に憧なんかは本気で友達付き合いを考えるレベルらしいし」

穏乃「うぇっ!?そうだったのか……分かった、今度から制服着るよ。ジャージはもう着ない」

京太郎「ああ、そうしてくれると皆助かる。……それに制服の方が可愛いしな(ボソッ)」

穏乃「えっ?何か言った?」

京太郎「いや、何でもない。…明日からちゃんと制服着てこいよ」

穏乃「うん、そうする」

カンッ