咲「……」ムスー

京太郎「……」ダラダラ

咲「……」ムスー

京太郎「あの、咲さん?」

咲「なに? 京ちゃん」

京太郎「なぜ? そんなムスッとしたお顔で俺の膝の上に座っておられるのですか?」

咲「なんででしょうか?」

京太郎「いや、俺が聞いてるんですけど?」

咲「なに? 嫌なの?」

京太郎「嫌なんてことはないけどさ。せめてもう少し笑顔でもいいんじゃないか?」

咲「誰の清でこんな顔してると思ってるの?」

京太郎「え、なに? 俺の所為?」

咲「京ちゃん、今日も和ちゃんの胸に見惚れてたでしょ」

京太郎「え、いや、そんなことは……」

咲「そんなことは?」

京太郎「ある……あるま、す」

咲「むぅ……」ムッスゥゥゥ

京太郎「し、しょうがないだろ! もう男はホントこういう構造なんだよ!」

咲「しょうがない、で、他の女の子に見惚れるんだ京ちゃん」

京太郎「お、おう……まぁ、うん」

咲「ふぅん」

京太郎「あの~、それで俺は後どのくらいこうしてればいいんだ? 今日は見たいテレビがあるんだが」

咲「後5時間くいら」

京太郎「長ぇよ!? どっから出てきたんだその数字!」

咲「京ちゃんが和ちゃんに見惚れてた時間」

京太郎「そんなに長時間見とらん!」

咲「私にはそのくらいに感じたの!」

京太郎「お前なぁ…………はぁ、まさか咲がこんな嫉妬深いなんてな」

咲「……」ピク

京太郎「人は見かけによらないというか」

咲「私ってやっぱり嫉妬深いのかな?」

京太郎「え? あ、いや、どうだろう」

咲「ホントはわかってるの。和ちゃんは、ううん和ちゃんだけじゃなくて
   京ちゃんの周りにいる人たちは私から見てもみんな魅力的だもん」

咲「だから、京ちゃんが他の娘に目が行っちゃうのも仕方ないって思う」

咲「でも、やっぱりヤなの。京ちゃんには私だけを見ててほしいの」

京太郎「咲……」

咲「ごめん。子供っぽいよね、こんなの……」

京太郎「俺の方こそ悪かった。これからなるべくそういうのは気をつけるから」ナデナデ

咲「ううん。私の方こそごめんね」

咲「私だって、たまに昔好きだった初恋の男の子のこと思い出すもん」

京太郎「はぁ!? ちょ、誰、誰だそれ? どんな男だ!?」

咲「教えなーい」

京太郎「なぁ、そいつはどんな奴なんだ!? 近くに住んでるのか?」

咲「ふ~んだ。たまには京ちゃんも嫉妬してヤキモキすればいいよ」

京太郎「ちょ、おい。それはないだろ? なぁ、咲ってば!?」

咲(私が好きなのは、今も昔も京ちゃんだけに決まってるじゃん)

咲「京ちゃんのバ~カ」クスッ


カン!