豊胡「ハッピーバースデー!」パァン!

塞「………へ?」

エイスリン「happy birthday!サエ!」パァン!

シロ「…」クラッカーナラナカッタ

シロ「……ダル」

胡桃「そこ!いじけない!」

塞「…あー、忘れてた。覚えててくれたの?」

胡桃「もちろん!」

豊音「とーぜんだよー!ケーキもあるよー、じゃん!」

塞「サプライズなんて全然気づかなかったなぁ」

胡桃「まあ発案者はシロだけどね」

シロ「……ダルいから…言わないでほしかった…」

エイスリン「present、アルカラ、トッテクル!」テテテ

豊音「私も手伝うよー」ポポポ

塞「……ところで、須賀君は?」キョロキョロ

胡桃「ちょっと、ね…」ニヤリ

豊音「持ってきたよー」

塞「デカっ!しかも少し動いてるような…」

胡桃「気のせい気のせい!さっ!どうぞ開けて開けて!」

塞「えー…なんか怖いんだけどなー…」

胡桃「大丈夫大丈夫!私たち外にいるから!楽しんだら連絡してね!じゃっ!」バヒューン

塞「え、ちょっ」

エイスリン「シロモ、イク!」

豊音「早く―!置いてくよー!」

シロ「……おぶって」

塞「たはは…」

塞「……」

塞「結局みんな出てったし…これいったい何なの?やっぱり動いてるような気が…」

塞「……うん!開けるよ!」ファサ

京太郎「ングー!」←口、手足にガムテ

塞「」

塞「はっ!と、とにかくガムテープを外さないと!大丈夫!?須賀君!」ヒラ

塞「…なにこれ。『お好きにどうぞ』…?」

塞「…」ジー

京太郎「ング!?ンググググガ!?」

塞「」ジュル

塞「ほ、ホントに何でもしていいのよね…」ジュルリ

京太郎「!?ンガーーー!!!!」ジタバタ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

塞「はっ!?」

塞「と、とにかくこのメッセージはおいといて……!」

塞「口のガムテープから剥がしてあげないと!」ベリベリ

京太郎「プハッ!た、助かりました……ありがとうございます、塞先輩」

塞「いえいえ、どういたしまして……と言いたいところだけどね……須賀くんはなんだってあんな箱詰めに?」ベリベリ

京太郎「い、いやぁ……それが心当たりなくてですね……。
       シロ先輩から『今日は塞の誕生日なんだよねー……ダルい……』って言われたと思ったら
       後ろからいきなりガムテープで縛り付けられて今に至ります……」

塞「そ、そうなんだ……(シロ達……!!余計なことをっ!)」

京太郎「それであの…………ごめんなさい!」ペコリ

塞「へっ!?いきなりどうしたの!?」

京太郎「知らなかったとはいえ先輩の誕生日にもかかわらずプレゼントが用意できてないんですよ……」

塞「いや、そんなの知らなかったのなら気にする必要は全然ないよ」

京太郎「いいえ、気にします!こうなると俺の気持ちが収まらないんですよ!
       ……あ、そうだ!何でもって訳にはいかないですが俺のできる範囲でなら何でも言ってください」

塞「ふーん……なら少しだけ目を閉じてじっとしてくれる?」

京太郎「?そんなことよければいくらでも……」メヲトジ……

塞「………………大好きだよ♪」チュッ

京太郎「ッ!?!?」

塞「プレゼントはこれでいいよ。私も満足したし♪」

京太郎「こ、これって…………」

塞「まった、返事をするのはホワイデーまで待って……私も須賀くんも心の整理が必要だとおもうから……ね?」

京太郎「……はい、わかりました」

塞「うん!よろしい!じゃあ、シロ達を連れてこないと……お説教も必要だしね!」



カンッ!