京太郎「あーお腹いっぱいです」

洋榎「うちもー」

絹恵「ふふ、須賀君もやっぱ男の子やな。お姉ちゃんと同じくらい食べたんとちゃうやろか?」

洋榎「んなっ!?絹、うちかて女やで!流石に京太郎とおんなじくらい食べるなんて…」

雅枝「食べとったやろ?」

洋榎「おかんまでー!」

雅枝「うちが追加で揚げたったからあげも、あんたが真っ先に手ぇ伸ばしとったやないか」

雅枝「絹程とは言わんけど、もうちょい年頃の乙女らしくしいや」

洋榎「うぅ…」

京太郎「まぁまぁ。いいじゃないですか。いっぱい食べるのは健康な証明ですよ」

京太郎「俺、美味しそうにご飯を食べる人好きですよ」

洋榎「きょ、京太郎がええことゆうた!流石ウチの愛弟子や!」

絹恵「須賀君あんま甘やかしたらあかんで?お姉ちゃんすぐ調子乗るねんから」

雅枝「まぁええやろ。こんな日までそんなことに時間使ってももったいないし」

京太郎「こんな日?」

雅枝「バレンタインやバレンタイン」

洋榎&絹恵「「ぱちぱちー」」

京太郎「あぁ、んなイベントありましたね。飯食ってすっかり満足してましたよ」

雅枝「うわ、それどうなんよ」

京太郎「雅枝さんの作るご飯があまりに俺好みすぎて」

雅枝「お、嬉しいこと言うてくれるやん」

絹恵「そんな須賀君にうちら三人からプレゼントのお知らせや」

京太郎「わぁい」

絹恵「それじゃ、まずはお姉ちゃんからー」

洋榎「え、ううちからか…ほれ」

京太郎「あら可愛いチョコ…あれ、なんで口に含む・・・ふむぐっ!?」

洋榎「ふむっ…ぷはぁ。ど、どやった?」

京太郎「どやったって・・・ごちそうさま、でした」

洋榎「う、ん。絹、チェンジで」

絹恵「はいはーい。お姉ちゃんがんばったなー」

絹恵「それじゃすがくーん、くちあけてなー」

京太郎「いや、今それどころじゃなく…ふむぎゅ!?」

絹恵「ちゅる、むちゅ、ちゅぱ…。むふぁ・・・」

京太郎「な、なぜちゅーで?」

絹恵「なんでって、うちもお姉ちゃんと同じで須賀君…ううん、京太郎くんのことめっちゃ好きやし」

京太郎「ファッ!?」

絹恵「なんや気付いとらんかってんな。ショックやわー」

京太郎「え、ちょ、え?」

絹恵「ま、そこは後でなー?オカンとこーたいっ!」

雅枝「はは、、京太郎めっちゃ変な顔しとるで」

京太郎「…そりゃしますよ。というか今も理解できてませんし」

雅枝「そかそか。ほんならそんな困惑しとる京太郎にうち特製のビターチョコをプレゼントや」

京太郎「やべぇここまで来るとオチが読め…ふぁっふぁふぃっ!?」

雅枝「ふむぅっちゅるむみゅ…むちゅ・・・」

洋榎「うわー、うわぁ」

絹恵「すご、オカンすご」

雅枝「ちゅる、ぷはぁ・・・」

京太郎「あ、うあ」ぱくぱく。

雅枝「かわいいなぁ京太郎。でやった?うちとのキスは?」

京太郎「…きもちよかったです」

京太郎「というか、なんなんですかこれは。全然理解できてないんですけど・・・」

絹恵「んー、せっかくのバレンタインやからな。京太郎くんにチョコと可愛い彼女を3人プレゼントや」

京太郎「」

雅枝「うちら3人を虜にするなんて、女泣かせなやっちゃで」

京太郎「」

洋榎「ウチはほんまはどうかと思ってんで?でも、絹たちに京太郎のこと盗られるんもややし」

洋榎「せやったら四人体制でええかなって」

京太郎「」

京太郎「やべぇ、逃げ場がねぇ」

―――――・―――――・―――――

京太郎「はっ!?…なんだ夢か。あーびっくり」

絹恵「すやー」

洋榎「くかー」

雅枝「うぅん・・・」

京太郎「」

京太郎「…2月15日、か」


カンッ!