京太郎「ふっふふーんふーん♪」

泉「須賀くんご機嫌ですね、何かあったんですか?」

京太郎「おお泉、聞いて驚け見て驚け! なんと清水谷先輩からチョコを貰えたんだぜ!」

泉「清水谷先輩からですか?」

京太郎「おうよ、しかも手作りだぜ手作り! この日のために雑用に耐えてきたってもんだぜー!」

泉「へぇ……あれ? でもそのチョコ、先輩確か他の男子にも配ってましたよ」

京太郎「えっ」

泉「しかも園城寺先輩に渡してたのと比べるとだいぶ小さいですやん、ラッピングも簡素ですし」

京太郎「てことは……………義理チョコ?」

泉「しかも友チョコ以下ですね」

京太郎「……(´・ω・`)」ショボーン

泉「す、須賀くん……そない落ち込まんでもええやないですか」

京太郎「だってさ……清水谷先輩の手作りなんだぜ、実際貰えて嬉しかったんだぜ………それが義理で友チョコ以下って……」ズーン

泉「で、でも同じクラスの子からもけっこう貰ってましたやん!」

京太郎「それも全部義理なんだけどな………あーあ、ちょっとは期待してたんだけどなぁ」

泉「……須賀くんは本命のチョコが欲しかったんですか?」

京太郎「俺に限らず男子はみんなそうだよ、まぁ貰えただけ俺はマシな方なんだけどな」

泉「なら、これあげます」ガサゴソ

京太郎「俺にか? ありがとな、義理でも嬉しいぜ」

泉「……私は、人にチョコをあげるときは本命だけって決めてるんです」

京太郎「え?」

泉「………須賀くん、私は須賀くんの事が好きです」

京太郎「……!」

京太郎(泉が俺の事を!? ……いや、でも俺はやっぱり)

京太郎「泉、俺は…」

泉「分かってます、須賀くんが清水谷先輩の事を本気で好きなんは………私に勝ち目なんか無いことも」

京太郎「!」

泉「せやけど、諦めることもできないんです……だからそれは宣戦布告や」

泉「高校にいる間に、絶対須賀くんの事振り向かせて見せます!」

京太郎「泉……本気、なんだな」

京太郎「正直な話さ、泉がそこまで俺の事思ってくれてたなんて思ってもみなかったから………嬉しさ半分驚き半分ってとこだよ」

京太郎「……ああそうさ、俺は清水谷先輩が好きだ、だから軽々しくお前の気持ちには答えられない」

京太郎「もし俺の想いが清水谷先輩じゃなくて、お前の方に向いた時は……」

京太郎「その時は、改めて俺の方から言わせてくれ」

泉「須賀くん………うん、ありがとうございます、今はそれだけで充分です」

京太郎「でも泉ィ、俺を振り向かせるのはそう簡単じゃないぞ?」ジーッ

泉「……って、どこ見てるんすか!!?」バッ

京太郎「そりゃ泉のおもち……いや、お前のはお煎餅の間違いか」ハァ…

泉「煎餅!? 私の胸はお煎餅レベルなんすか!!?」ズガーン

京太郎「……まっ、精々頑張ってくれよな?」ニヤニヤ

泉(こ、越えるべき壁がデカすぎる!!!)


その後、なんとか京太郎をおっぱい派からおしり派にさせようとしたり豊胸マッサージを頑張ったり泉の奮闘があったのは別の話

カン!





京太郎(……まぁ女の子の好き嫌いを胸のデカさだけで決める気はないけどな)

もいっこカン!