京太郎「先輩から今日渡したいものがあるから部室に呼ばれたが」

京太郎「……………すっげーいやな予感がする…」

京太郎「失礼しまーす」ガチャ



哩「姫子ーかけるばってん、本当にチョコで隠してよかと? むしろ見せとって素直に『プレゼントは私』にした方が…」

姫子「いやー、大事なとこは隠したほうがエロかです。そこから脱がしたり剥いだりすっとに男はロマンを感じるばい」

哩「そーやねぇ、んじゃ姫子リボンかけるちゃ」

姫子「そんで『京太郎、ここのチョコなめて』って方向に…」


京太郎「部室に全裸で何してんだっ姫子先輩っ!! 部長も何手伝ってんっすかっ!!」



姫子「京太郎ーはやかねー、待ちきれんかったと? 若かねー♪」

京太郎「むしろこないほうがよかったと本気で思ってるところです」

哩「ありゃりゃ京太郎は放置プレイをお望みったい」

姫子「そんで部のみんなに見られるんやねぇ……そこから『京太郎に放置されとるとよ…』って恥辱プレイに…」ゾクッ

京太郎「来てよかった……早めに来てホントよかった……」


京太郎「とりあえず姫子先輩服を着てください、それで…何してるんですか? 新手のプレイですか?」

哩「見てわかるやろ、どうみてもバレンタインの準備ばい」

姫子「デコレーションの途中っちゃ」

京太郎「あれ、俺の知ってるバレンタインと違う…」


哩「今から湯煎にかけたチョコをデコレートするとこよ。京太郎も一緒にすー?」

京太郎「しませんよっ、てかなんで板チョコ1枚しか買ってないんですかっ、絶対体隠せねぇよ!」

哩「しょんなか、学生んお小遣いじゃそげ買えんって姫子が…」

京太郎「嘘だっ、絶対趣味だっそれっ!!」

姫子「お好みでホワイトチョコをおか」
京太郎「しませんっ!!」

姫子「こんヘタレっ!!」

京太郎「もうやだ…この変態先輩……」

京太郎「しかもこれ溶かしたて……やけどしますよ」

姫子「九州のおなごがたかがそげなこつじゃひかん」

京太郎「男らしい……」

姫子「むしろ望むところばいっ!」

京太郎「違うっ、ドMだっ!」

哩「まぁチョコが溶けるんは50度ぐらいやけん。低温ローソクよりちょっと熱かぐらいやから大丈夫大丈夫」

京太郎「なんでそんなこと知ってるんだよ……」



京太郎「まったく……」ゴソゴソ

京太郎「はい」サッ

姫子「これ……」

京太郎「先輩にチョコです…、どうせ先輩のことだから馬鹿なことをするだろうと思って煌先輩と一緒に作ってきたんですよ」

京太郎「もちろん本命ですよ」

姫子「京太郎……」

京太郎「……」ニコッ

姫子「うん…、ありがとー京太郎…」グスッ



姫子「お返しは来月に3倍でするばいっ。もちろん体でっ!!」

京太郎「だからなんで普通の恋愛ができないんすか先輩はっ!!」

カン