京太郎「おざーっす」


浩子「須賀君ですか。ほな丁度ええですね」


浩子「江口先輩来ましたよー」


セーラ「待っとったで須賀ぁ。お前がおらんかったらヤバイとこやったわ」


京太郎「はあ……イマイチ状況が掴めないんですけど」


浩子「まあ直に分かります。ほな江口先輩、例のブツを」


セーラ「へいへい」


京太郎「なんスか『例のブツ』って。懸念材料としか分からないんですけど」


浩子「心配せんでも死にはしません。ただちょっとばかし苦労してもらうだけです」


京太郎「余計にタチ悪いですってそれ…」


セーラ「持って来たでー」ドンッ


浩子「さあ須賀君、ちょちょいと頼んますわ」


京太郎「チョコ?まさか俺宛てに部室に送られて―」


浩子「―そんな訳ありません。殆ど江口先輩宛てなんです」


京太郎「まあ分かりきってたとはいえ、こうも見せつけられると何か心に刺さるものがありますね……」


セーラ「まあ何でもええやん。こうやってチョコ食えるんやし」


セーラ「せやから遠慮せんとじゃんじゃん食ってくれ」


浩子「こうやって貰われた人も言っとることやし、はよ食べましょか」


セーラ「おう!船Qも頼んだで」


浩子「まあ予想はしてましたよ…」


京太郎「でも俺たちが食べても良いんですか?これ江口先輩宛てのなんですよね」


浩子「ああそれやったら」


セーラ「気にせんでもええで」


京太郎「はい?」


セーラ「その……大漁なんや」チラッ


【部室なのに外までチョコたっぷり】


京太郎「えぐぅパイセンまじパネェっす。ホントパネェっす」


浩子「貰いもんゆーてもこの量やと運ぶんにも苦労しますからね。人助けや思って食べましょ」



セーラ「悪いな船Q」


浩子「まあタダ働きもあれなんでお着替えで手を打ちましょう」


セーラ「はあ!!?なんやねんそれ聞いてへんぞ!」


浩子「そらそうでしょ。今決めましたし」


セーラ「ふ~な~Q~っ!須賀からもなんか言ったってくれや」


京太郎「そうですよ船久保先輩!いくらなんでも急です!」


セーラ「うんうん。ええぞもっと言ったれ」


京太郎「衣装のストック確認してから撮影って流れにしましょう」


浩子「しもたー。それ考えてなかったわー」


京太郎「今のところナースかポリスの二択なんです」


浩子「巫女なんてのはどうです?」


京太郎「………衣装あったかな…」


セーラ「ええ加減にせぇよお前ら……」




閑話休題。


バイ・ザ・ウェイ。


キング・クリムゾン。


浩子「…やっとラス1ですか」


セーラ「確かにオレも食う方やけど、やり過ぎやっちゃうに」



京太郎「嬉しいんだか困るんだかわっかんねぇ」


セーラ「ほ、ほら須賀っ。今日の礼にラス1やるわ」スッ


京太郎「それ押し付けてるだけじゃ……」


浩子「先輩の言うことは素直に聞いとる方が身のためやと思いますよ」


セーラ「良いからほら。はい渡したからな!」


京太郎「わーい」パカッ


京太郎「これまた気合いの入ったチョコだことで」


セーラ「…………」





浩子「……ああそれでしたか」ボソッ





京太郎「んじゃいただきますっと」

京太郎「………」ンムンム

セーラ「か、感想はどうや?」


浩子「須賀君まだ食べてますよー」


京太郎「んくっ。感想といいますと?」


セーラ「え?あ、その………あの量のチョコ食いきった感想や!」





浩子「……ヘタレ」ボソッ





京太郎「そうっすねぇ。一言で言うなら『多い』です」


京太郎「多分これって俺が今までで貰ったり買ったりしたチョコの合計くらいですよ」


京太郎「羨ましいし空しくなりましたよ……」


セーラ「そ…そうか…」


浩子「あー、あー。テステス」


浩子「ちょっとええですか須賀君」


京太郎「はいはいなんでございましょう」


浩子「絶対に気付いてなさそうやから言わせて貰いますけど、今日食べたチョコの中に君宛ての、しかも本命のが混ざってました」


京太郎「なんですとぉ!!?その話もうちょっと詳しくお願いします!」


浩子「なんやえらい食いつきますね。やっぱ気になりますか」


京太郎「そりゃもう!だって俺も男ですから」キリッ


浩子「ほんまええ顔して言いますねぇ」


セーラ「ええやろ船Q!もう食ってもーて無いんやから!」


浩子「結果はそうですけど、ここは過程を重視するとこや思いますけど」


浩子「須賀君はどう考えてます?」


京太郎「誰からの本命なのか気になってます」



セーラ「だああ~っ!」ウガーッ


セーラ「もうええわ!ほなもうオレは帰るからな!お前らもはよ帰れよ!!」





バタンッ





浩子「あちゃー。怒らせてもたみたいですねぇ」


京太郎「そそそそれで船久保先輩!おっおお俺宛てのチョコがあったってのは……」


浩子「やっぱり信じましたか」


京太郎「はい?」


浩子「所謂船久保ジョークってやつです。意味なんてありません」


京太郎「なん……だと……?」


浩子(これでええんでしょ、先輩)ヤレヤレ


浩子「そんな訳なんで私も先帰らせて貰いますわ。ほなさいなら」


京太郎「………まじかよ…ちょっと期待してたのに嘘とか」


京太郎「江口先輩以外からも本命貰えたかと思って損したわ……」


京太郎「……俺も帰ろ」


カンッ