胡桃「須賀君、はいこれ」

京太郎「なんですか?」

胡桃「チョコレートだよ。義理だけど。あ、でも一応手作りしたんだよ!」

京太郎「ありがとうございます!母親と幼馴染み以外の人からもらったの初めてなんで超嬉しいです!」

豊音「私も一緒に作ったんだよー!」

エイスリン「ワタシモ!」

京太郎「豊音さんもエイスリンさんもありがとうございます」

豊音「シロも一緒につくったんだよー!」

シロ「ちょっ……//」

京太郎「あのダルダル星人のシロさんが……まさか……」

シロ「そんなに驚かれると傷つく……まあ4人で作るの楽しかったからダルくはなかった……」

京太郎「4人?塞さんは一緒じゃなかったんですか?」

塞「うっ」ビクッ

塞「あはは……えーとね、私は……あの……その……」

京太郎「?」

胡桃「あー……トヨネ!エイちゃん!シロ!ちょっと飲み物買いに行くから付き合って!」

豊音「へ?わかったよー」

シロ「……ダルい」

エイスリン「シロ、ツベコベイワズニイク!」

シロ「えー……」

胡桃「というわけで二人は留守番お願いね。じゃあいってきまーす」

京太郎「……二人きりになっちゃいましたね」

塞「そ、そうだね」

京太郎「あ、さっきの話なんですけど、塞さんはチョコ作り参加しなかったんですか?」

塞「えっとね、それは……(ちゃんと言わないと!しっかりしろ私!)」

京太郎「?」

塞「スー、ハー、スー、ハー、……よし。」

塞「はいこれ、私が個人で作ったチョコだけど貰ってくれるかな?」

京太郎「マジですか!?ありがとうございます!」

京太郎「塞さんからもらえるなんて、義理でも超嬉しいです!」

塞「えっとね、それ……本命……なんだけど」

京太郎「へ?今なんて?」

塞「だーかーらー、本命チョコだよ、それ」

塞「私ね、京太郎君のことがずっと好きだったんだ。付き合ってくれない……かな?」

京太郎「え……?マジですか?」

塞「うん。じゃなかったらわざわざ個人で作らないでみんなと一緒に作って渡してるよ」

塞「で……どうかな?」

京太郎「……俺なんかでよかったら」

京太郎「というか、俺も塞さんのこと好きだったんで、是非お願いします!」

塞「へ?」

塞「えへへ……そうだったんだ、よかったぁ!」

塞「じゃあこれからよろしくね!」

京太郎「はい!こちらこそよろしくお願いします!」



~部室の外~

胡桃「よかったね塞」

豊音「ちょー感動的だよー」

エイスリン「サエ、オメデトウ!」

シロ「早く部室戻りたい……」


カンッ!