怜「チョコんまー」

京太郎「バレンタインチョコっすか、誰から貰ったんですか?」

怜「泉や泉、なかなか凝っててうまいで」

怜「京太郎もはよ自分のぶん食べれば?」

京太郎「そうですね、はい」スッ

怜「……私は貰う専門やで?」

京太郎「そうではなく、っつーか怜さんのチョコなんて誰も期待しませんよ」

怜「なんや気に障るなぁ……」ハッ

怜「てっきりもう泉に会って貰うたもんやと思ってたわ、私は持ってへんで」

京太郎「……誰かに預けてるってわけでもなさそうだから直接会うしかないのか……」

怜「泉なら帰ってもうたみたいやで」

京太郎「えっ」

怜「私らにチョコ渡しに来て、いったんトイレ行って戻ってきたら」

泉『……今日、早退します』

怜「って」

京太郎「女の子の日なんでしょうか?」

怜「辛いふうやったから重いんかなー」

京太郎「怜さんもそんな時があるんすか?」

怜「まあなー……て何言わせてんねん」ビシッ

京太郎「やっぱり心配だなぁ……俺も早退ってことで!」

怜「フットワーク軽っ!」

ガンガンガン! ガンガンガン!

京太郎「泉さん?二条泉さァーん?」

京太郎「いるのはわかってんですよ?早く出てきてくれないとォ!」

ガンガンガン! ガチャ

泉「なんで借金取り風なんですか」

京太郎「目赤いぞ、どうした」

泉「あっ、こ、これは……見んといてください!」

京太郎「嫌だ見る」

泉「何なんその意地!?」

京太郎「とりあえず寒いから中入れて」

泉「あ……はい」

京太郎「単刀直入にさ、何があったんだ?」

泉「…………」

京太郎「辛かったら無理にとは言わないよ」

泉「……いえ、話します」

泉「……私、クラスの子と、部員全員用にチョコ作ってたんですけど」

泉「麻雀部の人たちにチョコ渡した後、トイレに行ったんです」

泉「そうしたら……」

京太郎「そうしたら?」

泉「…………捨てられとったんです」

泉「女子トイレの、ごみ箱の中に私が作ったチョコが……いくつも」

泉「信じられなくて、個室に入ってたら他の人が入って来て」

『二条ってむかつかへん?』

『お高くとまってんなー思うわ』

『一年でレギュラーになったからってホンマ気にくわへんわ』

『麻雀部の人やったらウチの比にならへんくらい腹立っとるんやろな』

『このチョコ、どないする?』

『捨ててええやろ、いらんわこんなん』

泉「……って」

泉「もう居ても立ってもいぃひんようになってもうて、走ってトイレからでたんや」

京太郎「……許せねえ」

京太郎「せっかく泉が作ったのに、なんだよそれ」

泉「ええですよ、どうせ、私が悪いんですから」

京太郎「泉は悪かぁねえよ」

京太郎「そう見えたからってなんでそこまでされなきゃいけねえんだよ」

京太郎「泉が人を見下すような人間だったら、俺の麻雀は上達してねえよ」

京太郎「明日、俺がお礼参り行ってくる」

泉「お礼参り……そんなんええって!」

京太郎「好きなやつを傷つける奴なんか生かしておけん!」

泉「殺す気ですか!?」

京太郎「流石にそこまではしねえよ、それとなく説教する」

泉「それなら……まあ」

泉「忘れてました、これ」

京太郎「うっす、あざーっす!」

泉「清水谷元部長のとは、比べものにもならんですけど」

京太郎「……あ、忘れてた」

京太郎「でもいいや、美味そうだし」

泉「その……それ、それは、一応、本命……です」

京太郎「ん、わかってるよ」

京太郎「逆に、恋人なのに義理とか渡されたら悲しいだろ」

泉「で、ですよね……ははっ」



中途半端ですがカン