由子「パツキンヤンキーの須賀くんに、この手作りチョコをしんぜよー」

京太郎「ヤンキーじゃないですよ! てか先輩も金髪じゃないっすか。あとそれ、ヤンヤンつけボーにチョコつけただけだし」

由子「む、文句の多い後輩なのよー。取り敢えず食えー」

京太郎「まぁ、いただきますけどって、何くわえてんですか!?」

由子「ほっひーへーふ!」

京太郎「……ポッキーじゃないですけどね。いいですよ、やりましょう」

由子「へ? ほ、ほんはひ?」

京太郎「ほんまですよー。じゃ、失礼して……」

由子(ど、どないしよ……ちょっとからかうつもりが、こんなことに……)

京太郎「……」ボリ…ボリ…

由子(ち、近い! しかも近付いてきてる! てか須賀くんなんで真顔なのよー!)

由子(うぅ、なんか悔しいのよー。ほんなら、こっちからも……)

――チュッ

由子「へ? あ、ええ!?」

京太郎「先輩……」

由子「いや、あの、須賀くんこれは……その……」

京太郎「事故じゃないですよ? する気で食べすすめましたから」

由子「あ、え? それ、どういう……」

京太郎「先輩がからかうのがいけないんです。まだ、口の中に残ってますね、チョコ」

由子「は、はやまったらあかんのよー?」

京太郎「……もう、先輩ごと食べていいですよね?」

由子「ちょ、まっ、須賀くん、あ……」

カンッ!