~朝・下駄箱~
灼「あ……きょ、京太郎……//」

京太郎「あ、灼さん。おはようございます」

灼「あ、う、うん…おはよう……。……えっと、これ……///」スッ

京太郎「…?この箱は?」

灼「受け取ってほし…///」

京太郎「はぁ、ありがとうござ…」

灼「それじゃ!」タタタタタ

京太郎「あっ!…行っちゃった。…この箱教室で開けてみよう」

~教室~
京太郎「さて、中身は何だろう?」ガサガサッカパッ

(ハート型のチョコレート。真ん中に京太郎へと書いてある)

京太郎「……チョコレート…か?(あ!そういえば今日はバレンタインじゃねえか!成程そういう事か…)」

憧「あれ?京太郎それ何?」

京太郎「うおっ!?ば!何でもねえよ!」ササッ

憧「チョコレートみたいだったけど……あ~、そっか(ニマニマ)京太郎も隅に置けないわね~。で、誰からなの?」

京太郎「そ、そんなの誰だっていいだろう!?」

憧「ま、いいけどね。大体想像つくし(多分灼か玄でしょうね)」

キーンコーン

京太郎「あ、ほらほら!チャイムが鳴ったぞ!席に戻れよ」

憧「は~い」

京太郎「はぁ~……ん?この手紙は…?」

~放課後・部室~
灼「………////どうしよ…ハルちゃんが『チョコと一緒にラブレターも送ったら?』なんて言うからしてみたけど……はぁ……」

ガラガラッ

京太郎「こんちわ~っす!」

灼「あっ!…こ、こんにちは……///」ウツムキ

京太郎「灼さん、早いですね」

灼「わ、私は部長だから…当然…///」

京太郎「成程。……チョコレート、美味しかったです。ありがとうございます」

灼「そ、そう……ちょっと失敗してたんだけど……///」

京太郎「…それで、手紙も読ませて頂きました」

灼「あ……う……////」

京太郎「……灼さん、俺も灼さんの事が好きです」

灼「……えっ?」パッ

京太郎「俺で良ければ付き合って下さい」

灼「あ……うん…!宜しくね…」

京太郎「こちらこそ宜しくお願いします」

~~~~~~~

憧「へぇ、上手くいったみたいね。さて、問題はどうやって部室に入るかなんだけど……めっちゃ入り辛いわ……」

カンッ