モモ「今日は待ちに待ったバレンタインデーッす」

モモ「京太郎に渡したいけど……こんな影の薄いやつのチョコなんて貰ってくれるッすかね…………」

モモ「もし受け取ってもらえなかったら…………」

モモ「やめやめッす!こんなのキャラじゃないッす!」

モモ「いつもみたいにそっとおいてくれば大丈夫ッすよね!」

京太郎「あれ?モモじゃん、なにしてんだ?こんな道端で」

モモ「みゃーッ!!??」

京太郎「うおっ!?ビビったぁ……いきなり大声を出すなよなぁ…」

モモ「それはこっちの台詞ッす!いきなり声をかけないで欲しいッす!」

京太郎「そ、そりゃあ悪かった……な……」

モモ「……こっちこそ少し大袈裟過ぎたッす……悪かったッす……」

京モモ「……(か、会話が止まって気まずぅー!)」

京モモ「「あの(さぁ……)」」

京太郎「モモから言えよ……俺の話はあとでもいいし……」

モモ「嫌ッす、京太郎から言うッすよ!」ズイッ!

京太郎「わ、分かったよ……あと、近いから……///」

モモ「あ、そ、そうッすね///」

京太郎「俺の話ってのは……今日、バレンタインデーだろ?」

モモ「……」ビクッ

京太郎「だからさ……男からはおかしいかもしれないけどさ……受け取ってくれるか?」スッ…

モモ「これは……チョコ……レート?」ポカン

京太郎「あ、あぁ。手作りしてみたんだ……」

モモ「これって……もしかして……本命チョコッすか?」

京太郎「ち、違う違う!!ほ、本命なんかじゃ……///」

モモ「……そうッすか……」

京太郎「モ……モ……?」

モモ「……」

モモ「…………ぷっ!あっはははははっ!」

京太郎「な!なんだよ!笑うことはねーだろ!?///」

モモ「ちがっははっ違うッす!ヒー……お腹いたい……京太郎のことを笑ったんじゃないんすよ!」

モモ「自分のことッす」

京太郎「モモの?」

モモ「そうッす、さっきまでチョコをあげようかーなんて悩んでたことなんてバカらしくなったんすよ」

京太郎「!?そう……なのか……。お前のチョコを貰って嬉しくないやつなんかいないんだから、自信を持てって!」

モモ「京太郎に励まされるなんて複雑ッすー♪」

京太郎「あ、モモ、お前!人が折角応援してやってんのによぉ……」

モモ「…………ありがとうッす……、元気でたッすよ!」 ニカッ

京太郎「……そうか!よかったぜ!」

モモ「そうだ!お礼といっちゃおかしいっすけど……これ、あげるッす!」スッ…

京太郎「これは……チョコ?でも、お前今あげたいやつがいるって……」

モモ「いいんすよ!京太郎から貰ったお返しッす!義理チョコ同士お似合いッすからねー」

京太郎「…………それなら貰っとくぞ?あとで返せとかいっても知らないからな?」

モモ「いいっすよー、そんなことは絶対言わないッすから……」

今は『義理』で『友達』だけど……。
来年は『本命』の『恋人』がいいな!
それまでは……この気持ちはお預けッすよ、京太郎