まこ「」どどん

優希「」ピッ ピッ ピッ

久「清澄高校麻雀部規則、ひとーつ!」

まこ「」どん どん どん

優希「」ピッ ピッ ピッ

久「入室するときの挨拶は昨日の自慰のシチュエーション!」

京太郎「麻雀関係なさすぎ!」

京太郎「お疲れさまでーす」ガラッ

久「あら、お疲れ様」ペラッ

京太郎「あれ、まだ残ってたんですか?」

久「ええ。やってしまいたいこともあったし、何より少しくらい手伝わなきゃ罰が当たるからね」ペラッ

京太郎「あ、あはは…」

久「何よ、文句でもあるの?」ムッ

京太郎「ありませんって」ヒラヒラ

久「ならよろしい!」

京太郎「…そういえば、聞きたかったことがあったんです」ペラッ

久「あら、なぁに?」ペラッ

京太郎「どうしてここに俺を勧誘したのかなって」ペラッ

久「…」ペラッ

京太郎「ああ、別に不満があるわけではないんです。作業もなれて楽しくなってきてましたし」

京太郎「でも、どうして男子は俺だけを勧誘したのかがふと気になって…」

久「うーん…麻雀の備品って牌以外は重いじゃない?だから男手があればなーって、一面もなきにしもあらずなんだけど…」

京太郎「けど?」

久「えっと…その、ね?」チラッ

京太郎「?」

久「入学してくるあなたを初めて見たとき…ね?その、えっと…す…」カミノケイジイジ

京太郎「す…?」






久「すっごくMっぽいイケメンだなってぞくぞくしちゃってつい声かけちゃったの!」カァァ

京太郎「すみませんいろいろ危険を感じるので俺退部して良いですか!」

和「私が麻雀を始めた理由、ですか?」

京太郎「ああ。他の皆は何となく想像はつくんだが和だけはさっぱりでなぁ…どうせだし聞こうと思って」

和「…そういうことを聞く前に練習したらどうなんですか?」ジトー

京太郎「うぐっ…」

和「…まぁいいです。始めた理由でしたよね?あれは小学生の時、散策ついでに雀荘に初めて行ったんですけど…」

~~~
のどか「えっと…それろん?です」

大人「えっ…?俺が子供に負け…えっ?」ポカーン

のどか「」ゾクッ

~~~

和「ふふふ…あの時の気持ちを思い出すだけで…んっ♪」ゾクッ

京太郎「悪かった。俺が悪かったのでもう止めてください」

和「同じ理由でゲームセンターの脱衣麻雀も割と」京太郎「言わせねえよ!」

優希「おっ!おーい、犬ー!」ブンブン

ざわっ…!?

京太郎「だー!誤解される呼び方すんなー!そもそも犬じゃねえ!」

翌日…

優希(犬呼ばわりは嫌だったらしいし…これでいくか!)

優希「ご主人様ぁ~♪」

ざわわっ…!?

京太郎「そういうことじゃねえ!!」

久「よぉーし、全員そろったわね?それじゃあ…」

優希「あれ?咲ちゃんは?」キョロキョロ

「「「「………」」」」

京太郎「…」ピッピッピッ prrrr…

咲『あっもしもし京ちゃん!?あの…おトイレに行きたいんだけど…迷っちゃって…』

京太郎「またかあああああ!!!」ダダダダダ

「「「「…ハァ」」」」

………
久「ねぇ咲?トイレに行きたくなるのはわかるんだけど…どうして皆に一言言わずに行っちゃうの?」

京太郎「そうだよ。それでお前が迷わなかったことなんてないだろが」

咲「えぇと…」

久「いつもは須賀君が駆けつけるから間に合うけど…もし間に合わなかったら悲惨よ?まぁ私は興奮するけど」

京太郎「今日はもう突っ込みませんよ?」

咲「…実は、京ちゃんが迎えにくるまでの我慢に快感を感じちゃいまして…」

久「あらあら」

京太郎(突っ込まない。俺は突っ込まないぞ)

咲「『漏らしちゃっても良いかな…でも京ちゃんに迷惑かかるしな…』って思考の境目が気持ちいいんです…」

久「でも、本当に漏らしたくはないんでしょ?」

京太郎(そうだよ。さすがにそれは恥ずかしいだろ?そうだと言ってくれ)

咲「…えっと」モジッ

京太郎(咲さん?)

咲「…おもらしプレイも良いかなって」

京太郎「もう止めて!」

京太郎「…ってな具合で…もう…俺辛くて…」ズーン

まこ「そうか…なんというかお疲れさまじゃな…」

京太郎「まこ先輩…俺どうすればいいんでしょうね…」

まこ「まあ思春期の男女じゃからな…そういうこともままあるじゃろう」

京太郎「いやあれは思春期ってレベルじゃないです。発情期以上の狂気です」

まこ「まあまあ。…一応、退部以外にも解決する方法はあるんじゃがな」

京太郎「あるんですか!?どうか教えてください」

まこ「…覚悟はあるか?」

京太郎「解決するならどんな事でも!」

まこ「ヤれ」

京太郎「えっ?」

まこ「皆欲求不満なんじゃよ。ヤれば解決するけぇ」

京太郎「」

まこ「なんじゃ?童貞じゃから不安なんか?まぁ筆卸はまかせんさい。わしも初めてじゃが知識はあるからの…じゅるっ」

京太郎「…今までお世話になりましたーー!」ダダダダダ

カンッ