佳織「ねえ、京太郎君…」

    京太郎「何だよ姉ちゃん」

    佳織「京太郎君はお姉ちゃんの事嫌い?」

    京太郎「……どうしたんだよ急に?」

    佳織「だって……最近お姉ちゃんの事避けてるでしょ?だから嫌われたのかなって……」

    京太郎「それは……その……べ、別に嫌ってなんかねーよ」

    佳織「じゃあ、お姉ちゃんの事…好き?」

    京太郎「ど、どうだっていいだろ!そんな事!」

    佳織「やっぱりお姉ちゃんの事嫌いなんだね…」ウルウル

    京太郎「うっ…!はぁ……好きだよ、姉ちゃんの事。姉としても、女としても、な」

    佳織「えっ…?ほ、本当?」

    京太郎「ああ、本当だよ。今まで避けてた理由も顔を見ると自分を保てなくなるからなんだ。
       ……あ~あ、言っちまったよ。これからどうしよう……」

    佳織「……嬉しい」

    京太郎「はっ?」

    佳織「私も京太郎君の事、大好きだから。弟としても男としても…。だから、京太郎君に好かれてるって分かって、とっても嬉しいよ!」ニコッ

    京太郎「えっ……なっ……!///」

    佳織「えへへ、言っちゃった♪ちょっと恥ずかしいな…///」

    京太郎「(うっ…可愛い…!)だ、だけど姉ちゃん、俺達姉弟なんだぜ?どうするんだよ?」

    佳織「愛し合う男女に姉とか弟とか関係ないよ」

    京太郎「いや、あるだろ…」

    佳織「うぅん、ないよ。ないから、こんな事もやっていいんだよ」ちゅっ

    京太郎「……!?////」

    佳織「それとも、京太郎君はお姉ちゃんと恋人になるの嫌かな…?」

    京太郎「……///嫌な訳ないだろ……!でもいいのか?これから待ち受けるのはきっと棘の道だぜ?」

    佳織「うん、いいよ。京太郎君と一緒なら、この先どんな事があっても平気だもん」

    京太郎「…分かった。俺も同じ気持ちだ」

    佳織「…うん」

    京太郎「だから、改めて言うよ。…好きだ、姉ちゃん。付き合ってくれ」

    佳織「はい、喜んで…!」

    カンッ