291 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 18:21:23 ID:fQpfAGLr
久「須賀君、このシュークリームあげるわ」
京太郎「え、いいんすか?」
まこ「なんじゃ、今日はやけに優しいのう」
久「安かったから2つも買っちゃったけど、1つ食べたらもうお腹いっぱいになっちゃったのよね」
優希「なら犬じゃなく私が貰うじぇ!」
京太郎「お前今、両手にタコス持ってるだろ!」
咲「いくらなんでも太るよ、優希ちゃん」
和「少しは食べるのを控えなさい」
優希「うぬぬ…」
久「ってことで須賀君、あーん」
咲&優希「!?」
京太郎「部長?」
久「いつもパシ…もとい、部のために尽くしてくれてるから、たまには部長直々にサービス。はい、お口開けなさい。あーん」
京太郎「は、はぁ。恐縮です。あーん…パク」
咲「…」
優希「ムム…」
京太郎「…美味しいですね、これ」
久「そう、よかった。あらら…もう、ほっぺにクリームついちゃったわね」
京太郎「え? どこに…」

  ちゅっ

咲「ええええ!?」
優希「あああ!!」
まこ「ほほう…(ニヤリ)」
和「?」
京太郎「ぶ、ぶぶぶぶ部長!? 何を」
久「何って、クリームを取ってあげたのよ」ニヤニヤ
京太郎「ししし、しかし今のは」
久「あら、私じゃ嫌だった?」
京太郎「嫌というかむしろ嬉し…あ、いや! そうではなくてその」

  ガタッ!

咲「部長、そろそろ練習したいから卓に入ってください!」
久「あら、荒れてるわね咲?」ニヤニヤ
咲「べ、別に…!」
優希「………あー、タコスうまいじぇ!」ムシャムシャもぐもぐ
和「そんなに急いで食べると体に悪いですよ、優希」
優希「私の勝手だじぇ!」
京太郎「(部長の唇の感触が…でへへ…)へへへへへ…」
咲「むう~~!!」


 部活終了後

まこ「あんまり1年達をからかうのはよくないのう」
久「いやーごめんごめん。でも須賀君も咲も優希も、面白い反応するんだもん」
まこ「悪い先輩じゃの…しかし、たいがいにせんと…京太郎も男じゃぞ」
久「どういう意味よ?」
まこ「からかいすぎたら、野獣になって襲ってくるかも…」
久「まさか~。須賀君に限って…」
まこ「ほう(キラリン)。ずいぶんと京太郎を信頼しとるの」
久「な、何よ。部長が部員を信頼して悪い?」
まこ「からかうためとはいえキスまでするなんて、本当はあんたも心の奥では期待しとったりしてな?」
久「へ…? /////」
まこ「かかか。じゃあの」
久「ちょ、ちょっと待ちなさ…! ……もう!」

 翌日

久「(なによまこの奴…昨日変なこと言うから気になって……あんまり眠れなかったじゃない)…ふぁ~…」
まこ「おや、寝不足か?」
久「そうよ! あんたの…いや、なんでもないわ」
京太郎「お疲れさまーッス」
久「すすす須賀君!?」
京太郎「へ?」
久「ひぁ、いや…その…お、お疲れさま…/////」
まこ「(これは思ってた以上にハマったようじゃな…)」ニヤニヤ
京太郎「そうだ部長。昨日のお返しに、エクレア買ってきたんですよ」
久「あら。そんな気をつかわなくていいのに」
まこ「ほお、それは駅前行列店の…ほれ京太郎、昨日してもらったように食べさせてやれ」
京太郎「え…」
久「ち、ちょっとまこ! なんで」
まこ「おや、昨日やったのはあんたのほうからじゃったろう? なんで今日に限って嫌がるんじゃ? 何か意識してでも…」
久「別に嫌がってなんかないわよ!! さあ須賀君! 食べさせなさいよ!」
京太郎「あの、部長?」
久「早くしなさい!」
京太郎「はあ…じゃあ失礼して…あーん」
久「あ、あーん…パク」
京太郎「…味はどうです?」
久「うん…美味しい」
京太郎「あはは。よかった」ニコッ
久「(カーッ)/////」
まこ「おーおー。妬けるねえ…おや部長? ほっぺにクリームが」
久「へ?」
まこ「そうじゃ京太郎。昨日みたいn」
久「すすす須賀君! すまないけど飲み物買ってきてくれるかしら! レモンティーで!」
京太郎「え。ああ、いいですよ。染谷先輩もいります?」
まこ「カフェオレ頼む」
京太郎「じゃ、いってきます」
  バタン
久「…」
まこ「ずるいのう」
久「な、なにがよ?」
まこ「いや、なんでも?」ニヤニヤ
久「……く~…!!」

名前:
コメント: