初美「はぁ~、いい加減男の人と恋愛してみたいですよ~…」

    春「ふ~ん、そう……」ポリポリ

    初美「……反応薄いですね~。ところで、はるるは好きな人とかいるんですか~?」

    春「んっ…?皆好きだよ……」ポリポリ

    初美「そうじゃなくて~、意中の人とかいないんですか~?」

    春「……///えっと…いる…けど……///」

    初美「えっ!?本当ですか~!?それで、誰なんですか~?教えて下さいよ~!」

    春「えっとね……京太郎……///」

    初美「なんと!?はるるも京太郎が好きだったんですか~!これは思わぬライバルがいたものですよ~!」

    春「という事は、初美も……?」

    初美「はい~、そうですよ~///いくらはるるでも京太郎だけは譲りませんからね~」

    春「ん……私も譲る気はない……」

    初美「ならばどちらが京太郎のハートを射止めるか勝負ですよ~!」

    春「いいよ……負けない……!」ポリッ

    ~~~~~~

    小蒔「はわわ…!まさかあの二人も京太郎さんの事が好きだったなんて…!」

    霞「うふふ、うかうかしてると取られちゃうわよ?」

    小蒔「そうですね!私も頑張らないと!(グッ)全力以上で当たらせてもらいます!!」

    霞「その調子よ、小蒔ちゃん(さてさて、私はどうしようかしらね……
    気持ちに任せて京太郎君にアタックするか、それとも身を引くか)」

    カンッ

    巴「私にも出番を下さい……」