洋榎「ふふふふ~ん……ん?あれは……絹!?」

    洋榎「ああっ、あんなパツキンのニーちゃんに必死に頭下げて……!」(ネキビジョン)

    洋榎「きっとぶつかったとかで因縁付けられとるんやな!間違いあらへん!」

    洋榎「待っとれ絹!今助けたるからな!」

    絹恵「いやー危ない所を助けてもろて、ホンマにありがとうございました」ペコリ

    京太郎「いやいやそんな大げさな、頭上げて下さい」

    絹恵「出来れば何かお礼でも……「絹ーー!」ん?」 ドドドドド

    洋榎「おんどりゃ絹に何しくさっとんじゃー!!」トビゲリ

    京太郎「ぐっはあぁぁぁぁあ!」ズサササー

    絹恵「す、須賀さん!?お、おねーちゃん!?」

    洋榎「絹!大丈夫か!?痛い所は!?もう大丈夫やで、ワルモンは退治したからな!」

    絹恵「お、お姉ちゃんのアホー!須賀さん、大丈夫ですか!?」

    洋榎「あ、あれー……?」

    ――これが俺、須賀京太郎と愛宕洋榎の出会いだった……