哩「京太郎、今暇ある?」

    京太郎「なんですか?」

    哩「暇あっとやったら付いてきて」

    京太郎「分かりました」

    …………

    哩「着いた。さ、中に入って」ガチャッ

    京太郎「一体何するんですか?」

    哩「よかけん、はよ入らんねって」グイグイ

    京太郎「わわわっ」

    \パンッ!パパパンッ!/

    哩・灼・春「京太郎!誕生日おめでとう!」

    京太郎「………」ボーゼン

    春「…失敗した…?」ポリポリ

    灼「どうかな…?分からな…」

    哩「京太郎!何か言ったらどうな!?」

    京太郎「ハッ!あ……皆、ありがとうございます。俺、こんな事初めてで、感動しちゃって……」

    灼「良かった…成功したみたいで…///」ニコッ

    春「頑張って準備した甲斐があった……」ポリポリ

    哩「感動とかまた大袈裟かなぁ」

    京太郎「いえ!こんな豪華な料理にデカくて美味しそうなケーキ、それに飾り付けとかも……
           今日は今までで一番良いって断言できる誕生日です!」

    哩「ま、まあそう言ってもらえると私達も嬉しかばい…///」

    春「皆…料理食べよう…?冷めちゃう…」

    灼「そうだね……京太郎、ここに座って…」

    京太郎「あ、はい。では」ストッ

    この後、京太郎にあーんしたり腕に抱きついたりと、なかなか桃色な誕生会となった
    そして・・・

    哩「コホンッ…ところで京太郎」

    京太郎「はい?」

    哩「これ…誕生日プレゼント…///」スッ

    灼「私からも…はい…///」スッ

    春「京太郎…これ…」スッ

    京太郎「ありがとうございます。あの、今開けてもいいですか?」

    哩「よかばい」

    京太郎「じゃあ…(ガサガサッ)こ、これは…!!」

    哩・灼・春「ゴクリッ」

    京太郎「哩さんのは精力剤…ですか?」

    哩「お、おう…//日々の雑用で疲れとると思ってな…///」

    京太郎「…あ、ありがとうございます。灼さんのはTシャツですね。ん?この中心に書いてある英語は?」

    灼「ネクストレジェンド…//つまり私の事…///」

    京太郎「ありがとうございます。大事に着ますね!春のは…お守りか?」

    春「うん…うちは知っての通り神社だし……それに、京太郎にはいつまでも元気でいてもらいたいから…///」

    京太郎「ありがとな。肌身放さず持っておくよ」

    その後、ある者はおおいに料理を食べ、ある者は酒に酔い、賑やかな誕生会を過ごした
    そして、夜が明けた・・・

    …ちなみに、その日の夜中にエロパロでしか書けないような事をやったことを書き記しておく

    カンッ