綾「今日はおにーさんの誕生日なのです!」

    綾(おにーさんと2人で誕生日会かぁ…頑張らないと!)

    綾「えっと…プレゼントはよし、後はケーキを頑張って作ったらおにーさんも…」ポワワーン


    『綾ちゃん俺のためにケーキなんて作ってくれたのかい?』

    『プレゼントもありがとうね…でももうひとつプレゼントもらえないかな?』

    『大丈夫だよ、やさしくするから…』


    綾「……」

    綾「………//」ボンッ

    綾「あやややっ! おにーさんそんなの駄目ですってぇ…//」

    綾「でもおにーさんがしたいならっ//」

    綾「ってこんなことしてる場合じゃないよね、早くケーキを作らないと!」

    綾「よーし! じゃあまずは……」

    ----------

    憧「はいっ、これ私達からのプレゼントよ!」ジャジャーン

    穏乃「憧とお小遣い出し合って買ったんだ!」

    京太郎「おっ、ジーンズか。 これ結構いいやつだろ?」

    憧「高かったんだから大切に履きなさいよね」

    京太郎「でもサイズとかぴったりだけど…知ってたのか?」

    穏乃「憧がky「アラーナントナクダッタンダケドヨカッタワー」んだ」

    京太郎「えっ、今なんて…?」

    憧「たまたまよっ! 大体で買ってみたんだからねっ!」クワッ

    京太郎「おっ、おう…(困惑)」

    ----------

    綾「あうっ! 殻が入っちゃいました…」

    綾「グラニュー糖って普通のお砂糖で大丈夫ですよね…?」



    玄「私とお姉ちゃんは2人のプレゼントに合う靴なんて用意したのです!」ドヤァ

    宥「これならきょーくんに似合うと思うんだけどどうかな…?」

    京太郎「これまた黒でかっこいい感じで…」

    玄「ねえねえ、履いてみてよ!」

    京太郎「これもサイズぴったりですね…」

    宥「買う前に京太郎くんの下駄箱に行って靴のサイズ調べておいたの」

    京太郎「なるほどー」

    宥「ほんとは寒いからコートを買おうと思ったんだけど…」

    玄「流石に今から冬物のコート買うのもあれかなって思ったから止めておきました!」

    宥「コートなら一年中着られるのに…」

    京太郎「それは宥さんだけです」キッパリ

    宥「あうぅ…」ショボン

    ----------

    綾「ふぅ…生地はこれでいいのかな?」

    綾「オーブンを160℃に予熱する…どうやるんだろ?」

    ----------

    灼「私とはるちゃんからはこのスペシャルなTシャツをプレゼント!」ババーン

    京太郎「……」

    灼「これはあの有名な数量限定の激レアな白くまさんTシャツで…」

    京太郎(いや、知らんし…)

    灼「というわけだから京太郎は早速これを着るべき」

    玄「あはは…赤土先生はこれのことなんて言ってた?」

    灼「センスあるねって言ってくれた!」フンス

    憧(晴絵のやつ…面白がって選んだわね)

    灼「さあさあ! 今すぐに着替えて!」グイグイ

    京太郎「…ワカリマシタ」

    綾「ごめんなさい…ケーキなしの誕生日会になってしまって…」

    京太郎「別に甘いものは好きではないからそこまで気にしなくていいって」

    綾「でも…」

    京太郎「えいっ!」グニー

    綾「ふぉーにふぁん!?」ビヨーン

    京太郎「そんないつまでもくよくよしないの!」パッ

    綾「あやっ!?」

    京太郎「笑ってるほうが可愛いんだから、いつまでも泣いていると追い出しちゃうぞ?」

    綾「それはイヤですっ!」アワワ

    京太郎「なら笑って、ね?」

    綾「…はい!」ニコッ

    -------------------------



    綾「じゃあ焼いている間に生クリームを…砂糖を入れて…」

    綾「かき混ぜるのって結構力がいるんですね」ガチャガチャ

    ----------

    京太郎「……」 E:プレゼント一式

    穏乃「……」

    憧「……」

    玄「……」

    宥「……」

    灼「すごく似合ってる」

    京太郎「ソウデスカ…」

    ------------

    綾「あやっ!? スポンジが真っ黒です!」

    綾「でも表面さえ剥がせば…中まで真っ黒ですぅ…」


    ------------

    京太郎「じゃあ俺はこれで…」

    穏乃「今日は男の子の友達が誕生日祝ってくれるんだっけ?」

    京太郎「ああ、男だけで気楽にな」

    京太郎(まあ嘘だけど)

    宥「私たちでも誕生日会してあげたかったなぁ…」

    京太郎「まあ来週末は予定空けとくんで勘弁してくださいよ」

    憧「男友達と誕生日会か…乗り込んで周りに見せつけて…」ブツブツ

    玄「でも流石にやりすぎかなぁ…でも早くしないとライバルが…」ブツブツ

    灼「2人ともその辺にしたほうがいいと思う…」

    --------------

    京太郎(綾ちゃんまだかな…)ソワソワ

    ピンポーン

    京太郎(来たぞっ!)

    京太郎「はーい!」ガチャ

    綾「おにーさん…」グズッ

    京太郎「どうかしたの!?」ビクッ

    綾「ごめん…なさ…スポンジ焦がして…ケーキが……」

    京太郎「失敗しちゃったの?」

    綾「……」コクン


    京太郎(綾ちゃん遅いな…)

    『少しの間だけお部屋の外で待っててください! 絶対に覗かないでくださいね!』

    京太郎(って言ってたけど…)

    京太郎「……」ゴクリ

    京太郎(いやいや、相手は中学生だ。ロリコンじゃないしそうだったらここは紳士的に…)

    『どうぞーっ!』

    京太郎(よし、1、2、3であけるぞ…1、2の…3!)ガチャ

    綾「お…おまたせしました…//」カァァ

    京太郎「あいええぇぇぇえぇっ!?」

    綾「はうっ!?」ビクッ

    京太郎(いやいや、これはどういうことだ…)

    綾「えへへ…恥ずかしいけど頑張っちゃいました…//」 E:生クリーム

    京太郎(裸に生クリームでデコレーションしてあるだと…)

    綾「おにーさん?」キョトン

    京太郎「ああ綾ちゃんどどどうしてこんな…」ワタワタ

    綾「えっと…スポンジは駄目でクリームだけできてたので…」

    京太郎「いやいや、理由になって…」

    綾「それにおにーさんにこうすれば私でも喜んでくれるかと…//」

    京太郎「イヤーアマイモノニガテダカラナー」

    京太郎(耐えろ理性!)

    綾「食べてくれないんですか…」ウルウル

    京太郎「うっ…」

    綾「頑張って勇気出してこんなことしたのに…」シュン

    京太郎(たたたえろろろろろr)

    綾「やっぱりおにーさんは私の体じゃ興奮しないですよね…」

    京太郎「そんなことないぞっ! 今でも我慢して…」

    綾「なら証拠を見せてください、私の…私のこと…」



    綾「オトナの女にしてください…//」カァァ





    京太郎(もうロリコンでいいや)プチッ

    この後滅茶苦茶せっ(ry


    カン!