胡桃「京太郎、おめでと!」

    京太郎「ありがとうございます、胡桃先輩」

    胡桃「プレゼントあげる! んっ」ポンポンッ

    京太郎「それは……先輩、何で膝叩いてんですか?」

    胡桃「いつも充電してもらってるでしょ?」

    京太郎「シロさんと交代でですけどね」

    胡桃「だから今日は、逆! 逆充電!」

    京太郎「……いやいや無理ですって。潰れちゃいますよ?」

    胡桃「大丈夫!」

    京太郎「俺70kgあるんですけど」

    胡桃「……だ、大丈夫! ほらほら早く」

    京太郎「……じゃ、じゃあいきますよ」

    胡桃「うん!」

    京太郎「そーっと……どうです、大丈夫ですか?」

    胡桃「ん、ちょっと重……だっ、大丈夫大丈夫」

    京太郎「そうですか?」

    京太郎(俺の大腿筋は大丈夫どころか、悲鳴をあげてるけど)

    胡桃「んっ、平気。ほらっ、京太郎。先輩が頭を撫でてあげ……と、届かない、届いた!」ナデッ

    京太郎「ひゃんっ。そ、そこうなじ」

    胡桃「よーし、よーし。どう、京太郎? 安心する?」

    京太郎「どうもこうも、くすぐったいとしか……うひゃぁっ」ドスッ

    胡桃「うわあっ、ちょっ、重!」

    京太郎「すみませぇん、今どきます!」

    …

    胡桃「んー、やっぱりいつも通りがいいかな」

    京太郎「そうですね、いつも通りがいいですね」

    胡桃「うーん、でもプレゼントが……あっ、そうだ、みかん!」

    京太郎「……みかんがプレゼント?」

    胡桃「剥いて、食べさせてあげる!」

    京太郎「そんなシロさんみたいな……」

    胡桃「はい、あーん!」

    京太郎「……はい、あむ」パク

    胡桃「どう、美味しい?」

    京太郎「……うーむ、胡桃先輩の愛情が、俺を想う気持ちがみかんを更に甘く……」

    胡桃「は、恥ずかしいセリフ禁止!!」グイッ

    京太郎「もごっ!? もがぐぐ……」

    胡桃「すごい、みかん一個丸々入った!」

    京太郎「んぐんぐ……ごっくん。胡桃先輩、丸ごとはさすがに……」

    シロ「いいな……」

    京太郎胡桃「!!??」

    カンッ