京太郎「あぁ……牛肉が食べたい……」

    咲「私も食べたいなぁ~」

    京太郎「極上和牛のステーキとかいいよな……」

    和「(ピクッ)……」

    咲「いいよね~」

    京太郎「俺の体が和牛を求めてる…!!」

    和「あの……」

    京太郎「ん?どうした?」

    和「つい昨日、ステーキ用の牛肉が手に入ったので、よろしければ私の家に食べにきませんか?」

    京太郎「いいのかい?そんな事言っちゃって……俺は超高級牛肉でも遠慮無しに食っちまう男なんだぜ?」

    和「勿論いいですよ」

    咲「和ちゃん、私は?」

    和「勿論いいですよ」

    京太郎「やったー!牛肉だ牛肉だー!ありがとな、和!」

    和「どういたしまして。デザートもありますから、そちらも食べていって下さいね///」

    ※ この後、和牛は京太郎が美味しく頂きました(食的な意味で)
    ※ この後、和は京太郎が美味しく頂きました(性的な意味で)

    カンッ