ガチャ

京太郎「こんちわ〜す」

ネリー「あ、キョウタロだ。キョウタロー」トテテ

京太郎「ネリーか。おっす」ヨ!

ネリー「おっす」ヨ!

京太郎「今日はいつもの変な服じゃないんだな」

ネリー「変じゃないよ! あれはサカルトヴェロの由緒正しき民族衣装で〜」

京太郎「あーはいはい。アレだっけ? 確かグルシアの」

ネリー「む、だからグルシアじゃなくてサカルトヴェロ!」

京太郎「どっちでも一緒だろ」

ネリー「一緒だけど一緒じゃないー!」

京太郎「わかったわかった」

ネリー「わかってない! 罰としてキョウタロは罰金2000円!」

京太郎「そんな事で金取るのか、とんだ高等民族だな。というか会って早々金の話はやめろ

ネリー「キョウタロはいつもお財布が貧困だもんね」

京太郎「一介の学生になにを期待してんだよ」

ネリー「勤勉な貧民はいないって言うけどキョウタロには当てはまらないね」

京太郎「そらお前がいっつも飯をたかってくるからだろが!」

京太郎「わかってるわかってるんだ。これが優しさじゃなくて流されやすさだって……」

京太郎「けど、ノーといえない自分が憎い!」

ネリー「キョウタロ元気出して。あとお小遣いちょうだい」ヨシヨシ

京太郎「元気か? これって元気の問題なのか?」

ネリー「そんなキョウタロに朗報です」

京太郎「ほう?」

ネリー「実はさっき話題に上った私の民族衣装には特別な力が宿っているのです」

京太郎「なんとぅ!?」

ネリー「見直した?」

京太郎「小匙一杯分くらいな」

ネリー「むむ、この運命奏者たる私を雑に扱うとは」

京太郎「そんなウンチクはいいから、はよ力の話せぇや」

ネリー「なな、なんと! あの衣装には株価の不正操作を司る精霊の力が」

京太郎「すいませんでした。聞いた俺が馬鹿でした」

ネリー「あー信じてない!」

京太郎「信じるとかいう以前にそれは違法だろうが!」

ネリー「…………騒いだらお腹空いてきた」グ〜

京太郎「自由だな」

ネリー「自由を求めて政治亡命してきました」

京太郎「そういうのいいから」

京太郎「じゃあメグ先輩に教えてもらった美味いラーメン屋があるんだが、そこ行くか?」

ネリー「キョウタロの奢り!?」

京太郎「奢りません」

ネリー「ぶーぶー!」

京太郎「デザートくらいなら」ボソ

ネリー「キョウタロ大好き!」ダキッ

京太郎「やっすい好意だな」

ネリー「満更じゃないくせにー」

京太郎「うっせぇやい」


カン!