美穂子「京太郎君、ちょっといいかな?」

京太郎「あ、はい」

テクテク…

京太郎「で、何の用事ですか?」

美穂子「来れば分かるわよ」

京太郎「はぁ…」

美穂子「(ガラガラッ)着いたわ。とりあえず入って」

京太郎「は、はい」ツカツカ

ドンッ!

京太郎「うわっ!?(ドテッ)いつつ……何だぁ?」

ガラガラッピシャン!カチャカチャ

美穂子「うふふ…京太郎君捕まえた♪」

京太郎「えっ……?な、何の冗談ですかキャプテン」

美穂子「残念ながら冗談じゃないのよね。私もそろそろ卒業しなきゃいけないでしょ?
    つまり、もうすぐ好きな男の子と離れ離れになっちゃうの……だからそうなる前に好きな男の子と
    関係を持っておきたいって思うじゃない?」

京太郎「い、言ってる意味がよく分からないんですけど……」

美穂子「ふふ、そう……なら分からせてあげるわね」

チュッ

京太郎「なっ…!?」

美穂子「好きよ、京太郎君……私を抱いてちょうだい……」

京太郎「う……お、俺は……俺もキャプテンの事は好きです、けど……」

美穂子「あら、ならいいわね。さ、今すぐ抱いて。お願いよ」

京太郎「だけど!こんな形で……したくないです……」

美穂子「……そう。でも私は今すぐしたいの。早く京太郎君と繋がりたいの。だから、ね?」

……俺はどうすればいいのか分からなかった
だから俺は……

  『キャプテンの言葉に身を委ねる事にした』
  『キャプテンを突き飛ばし、全力で逃げた』
→『                     』