咲「京ちゃん」

京「ん、なんだ咲?」

咲「最近、鶴賀の東横さんと仲いいよね。何かあったの?」

京「何かって、別に何もないよ。目標の進学先が一緒だから勉強も一緒にしてるだけだ。
  通ってる予備校も一緒だし、その方が効率がいいんだ。話す機会が多くなるのは当然だろ?」

咲「それはそうだけど……」

京「大体、推薦で大学が決まってるお前には関係無いだろ。
  こっちは受験勉強の追い込みの真っ只中で余裕が無いんだ」

咲「……」

京「悪い。そろそろ時間だ。それじゃあ咲、また明日学校でな」

咲「……うん、また明日……」

京「……」

京(少しきつく言い過ぎたかな……)

京(……いや、そんなことはない。こっちだって一杯一杯でやってるんだ。変な言いがかりを付けられるようないわれはない)

桃「おーい、須賀くーん」

京「おぉ、東横さん」

桃「遅れて申し訳ないっす。待たせてしまったっすか?」

京「ううん、俺も今来たとこだから。それじゃあ行こうか」

桃「はいっす」




咲「……」


京「はー、どうしてこう現代文の成績だけは上がってこないのかなぁ。かなりの時間を割いて勉強してるはずなのに……」

桃「須賀くん、古文と漢文はいつもいい成績なのに、現代文で結構落としてるっすもんね」

京「何とかならないもんかね。そういえば、東横さんはいつも現代文の成績いいよね。何か秘訣でもあるの?」

桃「秘訣って言われても……。現代文は文章の中に答えが眠ってるっすから、しっかりと本文を読めば答えはおのずと出てくるっすよ」

京「出来る人はみんなそう言うんだよ。はぁ……」

桃「あぁ、ごめんっす。そんな気を落とさないでほしいっす」




咲「……」

咲「京ちゃんは相変わらず、現代文が苦手なんだ」

咲「……」

咲「ふーん……」

京「さてと、今日もそろそろ行くか……」

咲「京ちゃん!」

京「うぉい!? ど、どうしたんだ咲?」

咲「京ちゃん、この後暇?」

京「はぁ、言っただろ。俺は受験勉強で忙しいんだ。お前みたいに暇してる訳にはいかないんだ」

咲「ふーん」

京「そういうことだから、俺は行くぞ。今日も約束があるからな」

咲「京ちゃん、現代文の成績が伸び悩んでるらしいね」

京「!? ど、どうしてそれを」

咲「ふふっ、どうやら図星みたいだね」

京「あっ、お前カマかけやがったな?」

咲「さぁ、どうだろうね? それより、現代文の成績、上げたいと思わない?」

京「? どういう事だよ」

咲「私、結構現代文は得意なんだよね~」

京「知ってるよ。咲は本読むのが好きだからな。その点で俺とは違うよ」

咲「確かにね。でも、もし本を読まない京ちゃんでも、現代文の成績をあげられるコツがあったとしたら……どうする?」

京「!?」




咲(ふふっ、かかったかかった)

京「ま、マジかよ。そんな物、本当にあるのか?」

咲「もちろん。こんな時期に受験生の京ちゃんに嘘はつかないよ」

京「さ、咲! そのコツってやつを、是非教えてくれないか。頼む、この通り」

咲「ちょ、ちょっと土下座なんてやめてよ~。こっちが恥ずかしいじゃん」

京「いや、教えてくれるまで、俺はやめねーぞ」



咲(そんな事しなくても、京ちゃんのお願いなら、すぐにでも教えてあげるのに……)

咲「ふぅ、わかったよ。じゃあ特別に京ちゃんにだけ、私の使ってるコツを教えてあげるよ」

京「おぉ! 咲……、俺は今、お前が女神に見えるよ」

咲「女神って……。相変わらず大袈裟なんだから」

京「で、そのコツってのは、一体何なんだ?」

咲「慌てない慌てない。教えてあげてもいいけど、条件が1つだけ」

京「条件?」

咲「うん。これから毎日、自由時間は私の家で受験勉強をすること。
  家なら時間を気にせずに教えられるし、私としても都合がいいんだよね」

京「咲の家で勉強……か」

咲「うん。まぁ、無理にとは言わないけど、そうしないと、さっきのコツは教えてあげられないかな、残念だけど」

京「うーん、でも今日は東横さんとの約束が……」

咲「繰り返すけど、別に無理にとは言わない。でも、こんなチャンス、めったに無いと思うんだけどなぁ」

京「……」



咲(さて、どう出るかな)

京(現代文の成績が上がるコツ……今の俺にとっては喉から手が出るほど欲しいものだ)

京(でも、これを教えてもらうには、これから毎日咲の家に行かなくちゃならない)

京(そうなれば、東横さんとの勉強の時間は少なくなるか、あるいは勉強自体一緒には出来なくなるかもしれない)


京(……)


咲「京ちゃん」

京「お、おぉ……」

咲「さぁ、どうするの? さっきも言ったけど、無理強いはしないよ。京ちゃんは受験生で忙しいし」

京「……なぁ咲、それって咲の家じゃなきゃ絶対ダメ、なのか」

咲「絶対、とは言わないけど、家に来てもらったほうが説明は絶対早いと思う」

京「そっか……」


京(まぁ、コツっていうくらいだから短期集中で教えてもらえばそんなに日にちをかけずに済むかもしれない。
  それなら東横さんにも事情を説明すれば納得してもらえるだろうし……)


京「わかったよ。じゃあこれからよろしくお願いするよ、咲」

咲「!? ほ、本当に、本当にいいの?」

京「あぁ、男に二言はないよ」

咲「……! それじゃあ私、今から自分の部屋、少し片付けてくるから、終わったらメールするね」

京「おう、それじゃあ、メールもらったら行くわ」

咲「うん、じゃあまた後で」

京「りょーかい」



咲(よしよし、ここまでは計画通り……。さて、次の段階の準備でもするかな)

…………
……


咲(さて、ここまでは順調。あとはどうやって京ちゃんを東横さんから引き離すかを考えないと……)

咲(そもそもおかしいんだよ。勉強だったら手伝ってあげられるのに、京ちゃんったら、私に何の相談もなしに色々考えちゃって)

咲(しかも挙句の果てに、鶴賀の東横さんと一緒に勉強してるだなんて、何考えてるんだろう)

咲(志望校が同じだから、とか言うけど、それって結局自分のライバルになる人と一緒に勉強してるってことでしょ。
  それって敵に塩を送るってことじゃん、絶対おかしいよ)

咲(……もしかしたら、京ちゃんお人好しだから、東横さんにうまいこと言いくるめられて、いいように使われちゃってるのかも。
  うん、きっとそうだ、そうに違いない)

咲(待ってて京ちゃん、必ず私が京ちゃんの目を覚まさせてあげるから)

咲(そして、そうなった後は……)



咲(ふふっ、楽しみだなぁ)

………
……


京「おっ、咲からのメールか」

京(『準備オッケーだよ、来るならいつでも来なさい』か)


京(何で喧嘩腰なのかは知らないが、まぁいいや)


京(それじゃあ、行きますか)

京「おじゃましまーす」

咲「いらっしゃい、京ちゃん」


京(咲の家に来るのも久しぶりだな……)


京「……」

咲「京ちゃん?」

京「ん、あぁ、ごめんごめん。ここに来たのっていつ以来かな、って考えてたんだ」

咲「あぁ、最近は家に来ること、なくなったもんね」

京「中学の時とか、高校でも1年の時は結構遊びに来てたんだけど……まぁ、お互い忙しくなったし、しょうがないけどな」

咲「まぁ、ね」



京「大学に入ったら、もうお互いの家に行くことなんてないんだろうな」

咲「えっ」

京「だって、咲も俺も大学生になったら一人暮らしだろ? それに、大学も違うところに行くんだから、会うこともほとんどないってことさ」

咲「……そう、だね」

咲「……」


京(やべっ、ちょっと湿っぽくなっちゃったな。こういう時は……)


京「まぁ、おれはまだ"予定"なんだけどな」


咲「!! ……そ、そうだそうだ。そういうのはきちんと合格してから言うものだよ、京ちゃん」

京「ははっ、そうだな。悪い」

咲「全くもー、先が思いやられるよ」

京「教えるのが『咲』だけにってか」

咲「うわっ、オヤジギャクつまんなーい」

京「これは失礼」

咲「ふふっ、それじゃあ私の部屋に行こっか」

京「だな。タイム・イズ・マネー=時は金なり、だからな」

京「おぉ~」

咲「どうしたの、変な声出して?」

京「いや、びっくりするほど変わってないな、って思ってさ」

咲「それってどういう意味なのかなぁ、きょうちゃ~ん」

京「おおおいっ、勘違いするな。別に深い意味はねーよ」

咲「ほんとに~?」

京「あぁ、本当だ」

咲「……なら、いいけど」

京(ふぅ、助かった)

咲「それじゃあ、時間も勿体ないし、始めよっか」

京「うっす! よろしくお願いします、先生」

咲「はいはい、じゃあ――」

………
……


咲「――ってことなんだけど、どうかな、わかりそう?」

京「……」

咲「ま、まぁまだ時間はあるから、ゆっくりと理解していけばいいよ」

京「……すまん」

咲「そんな事言わないでよ。私が謝らせたみたいになるじゃん」

京「……すまん」

咲「はぁ、ちょっと休憩しよっか。行き詰まった時に無理にやるのは良くないし」

京「そうだな、そうするか」

京「あ、すまん咲、トイレ借りていいか」

咲「もちろん。場所わかる?」

京「ばっちり、覚えてるよ。じゃ、ちょっくら行ってくる」



咲(……行った、みたいだね)

咲(さてと、京ちゃんの携帯は……っと)

咲(! あった。さて、電話帳を出して、と)

咲(『名前検索』、これだ。さて、と、と、っと……)

咲(……あった、『東横桃子』)



咲(待ってて京ちゃん、京ちゃんにまとわりつく悪い虫さんは、私が追い払ってあげるからね)

京「ふ~っ、トイレサンキューな、咲」

咲「どういたしまして。じゃあ続きしよっか」

京「よっしゃ、気合い入れるぞ」

咲「そんな大袈裟な、さ、座って座って」



………
……



咲「ふぅ、今日はここまでにしよっか」

京「……」

咲「そんなに気を落とさないで。1日2日でわかるようなことなら苦労しないんだから」

京「……それは、そうだけど」

咲「京ちゃんがちゃんとこれを理解できるまで、ちゃんと付き合ってあげるから、ね?」

京「さ、さきぃ~」

咲「ちょ、ちょっと、なんて声出してるのよ、も~」



咲(全く、京ちゃんは私がいないと本当にダメダメなんだから……)

京「今日はありがとな、咲」

咲「『京』ちゃんだけに?」

京「オヤジギャクつまんなーい」

咲「あはは、何それ。私の真似?」

京「さて、どうでしょうかね?」

咲「……まあいいや。それじゃあ、また明日ね」

京「おぉ、また明日学校でな」



咲(『学校でな』、か……)

咲(私は、学校以外のことも考えて言ったつもりだったんだけど)

咲(……まぁ、今はまだいいや)



咲(……ふふっ)

――数週間後



京「……」

咲「どうしたの、京ちゃん。顔色悪いよ?」

京「あぁ、咲か。別に、何でもないよ」

咲「嘘。最近ずっとそんな感じだもん」

京「おいおい、そんな事……」

咲「あるよ。中学からの付き合いだもん、黙っててもわかるよ」

京「……」

咲「……」

京「……はぁ、咲にはまいったよ。わかった、正直に言う」

京「実はさ、俺、最近東横さんから避けられてるんだ」

咲「避けられてる、って? 京ちゃん、何かしたの?」

京「いや、少なくとも、最近で東横さんが嫌がるようなことをした記憶はないんだけど、何か、急に冷たくなってさ。今までずっと一緒に勉強してきたのに……」

咲「本人には聞いてみたの?」

京「電話とかメールとかしてみたんだけど、返事がなくってさ。俺、一体何しちゃったんだろうな……」

咲「そっか……。ごめんね、辛いこと聞いて」

京「別にいいよ。これは俺と東横さんの問題で、咲には関係ないことだ」

咲「……!!」

京「悪かったな咲、だからこの話はもう――」




咲「関係なくなんてないよ!」

京「!?」

咲「私、ずっと気になってたんだよ。最近の京ちゃん、何を話しても上の空だし、ため息もいっぱいつくし、それに……」

京「お、おい咲」

咲「どうして相談してくれなかったの? こうやってずっと一緒に勉強してるのに。私って、そんなに頼りにならないかな? 私って、そんなに『関係ない』のかな? ねぇ、京ちゃん……」

京「……」

咲「……ごめん、おっきな声出して」

京「いや、俺の方こそ悪かったよ。まさか咲が、そんなに俺のこと心配してくれてるなんて、思ってもみなかったから」

咲「京ちゃん……」

京「その、さ、もし俺がまたすっげーキツくなった時には、咲のこと、頼ってもいいかな?」

咲「! ……もちろんだよ、むしろどんどん頼ってほしいな」

京「……ありがとな、咲」


ギュッ…


咲「あっ……」

京「ごめん、ちょっとの間、こうしててもいいか?」

咲「……うん、京ちゃんが落ち着くまで、私の体、使ってていいよ」




咲(ふふっ、どうやら"脅し"はしっかり効いてるみたいだね)

咲(東横さんが悪いんだよ、私の京ちゃんをたぶらかそうとして……)

咲(しかも京ちゃんと同じ大学に行こうなんて、全く盗人甚だしいよ)

咲(でも、もうこうなってしまえばもう大丈夫。もう京ちゃんは、私の手の中……)

咲(大丈夫だよ京ちゃん、私は他の女の子みたいなことはしない。京ちゃんが死ぬまでずっと、一緒にいてあげる)

咲(だから、もう京ちゃんに、私以外の女の子は"絶対"近づかせない)


咲(ふふっ、大好きだよ、京ちゃん)



終わり

名前:
コメント: