久「みんな!カラオケに行くわよ!」

優希「マジでか!?」

和「どうせ拒否権は無いんですよね」

まこ「だろうの。諦めて行くぞ」

京太郎「歌声にあまり自信ないんですけどねぇ……」

咲「うぅ……どうしよう……」

〜カラオケ〜

久「まずは私からね!ヒースクリーフ イッツミーキャシーカムホームアイムソーコォォォ レッミインユーアーウィンドウォォォ♪……」

優希「凄い歌声だじぇ……」

咲「わぁ……なんという歌なんですか?」

久「ワザリングハイツ、日本語訳すると嵐が丘よ。そういえば恋の空騒ぎで使われてたわね」

まこ「うむ、次はわしじゃな。し〜ま〜う〜たよ〜か〜ぜ〜に〜の〜り〜 と〜り〜と共に〜海を〜渡れ〜♪……」

和「島唄ですね、懐かしいです」

京太郎「上手いですねー!」

まこ「じゃろ?じゃろ?」

優希「おう!次は私だじぇ!せ〜か〜い〜 分か〜つ〜そ〜ら〜を〜
    降り〜あ〜おぐ〜と〜き〜 ブレイニューワー!招〜く〜こ〜え〜が〜ひ〜びく〜♪……」

久「へぇ、いい歌ね。それにしても、優希がこんな歌知ってるなんて意外だわ」

和「確かナムコクロスカプコンのすばらしき新世界ですね。以前嵌まってましたよね」

優希「おうそうだじぇ!少し古いけど名曲だと思うじぇ!」

和「さて、次は私ですね。忘れちゃあってたら ゴ〜メ〜ン 忘れちゃあってたら
  ゴ〜メ〜ン〜ネ〜 絶対!わ〜す〜れ〜たくな〜いけど〜♪……」

まこ「ほう、意外と上手いもんじゃのう」

優希「おお!スクールランブルの二人は忘れちゃうだじぇ!中のひt(ry」

和「久しぶりに歌ったので緊張しました」

京太郎「次は俺だな!ウィーガッザパワー!ウィーアーディバイン!ウィーハブザガッツ!トゥーフォロウザサァイン!♪……」

咲「わー!京ちゃん凄ーい!」パチパチ

久「なかなか上手いとは思うけど……全然知らない曲ね……」

京太郎「ハロウィンっていうバンドのパワーって曲なんすけど……まあ、知らないっすよね」

久「さて、次は咲の番ね」

咲「えっ…!ああ、いやぁ…私はみんなの歌を聴いていたいので……」

久「駄目よ、一曲くらいは歌いなさい」

咲「うぅ……(中学時代友達がいなかったから何も歌えないよぉ……)」

京太郎「咲」

咲「うぅ……何?京ちゃん……」

京太郎「咲がどんな歌を歌おうと、俺は笑わない!だから、歌える歌でいいから歌ってくれないか?」

咲「……ありがとう、京ちゃん。それでは歌います!」

優希「ゴクリッ」

咲「ちょーちょ、ちょーちょ、な〜の〜は〜に〜止〜ま〜れ〜♪」

久「うほっwwなんつー曲選www」

咲「うぅ……」シュン

京太郎「咲。著作権に優しい、いい歌だった。上手かったぞ」パチパチ

咲「京ちゃん……///」パァ

優希「二人だけの世界になっちゃったじぇ…」

和「そうですね…」

まこ「冬が来そうな予感がするのぅ……」

その後、京太郎と咲のイチャイチャデュエットが延々と続いたそうな

カンッ