菫「照、今からその様だと将来アラフォー2世を襲名する事になるぞ?」

照「なん…だと…!?」

淡「あっ、それだときょーたろーはアラフォーのお母さんみたいな感じになるね」

京太郎「oh…」

照「うぅ〜、確かにアラフォー2世は嫌だけど、だからって京ちゃんに世話を焼かれるのを手放すのも捨てがたい(汗」

菫「確かにその気持ちは分かる。だがそれは置いといて、今は早く起きろ!!  
    じゃないと朝食食べる暇もなくなるぞ!?後、出来たらで良いから、京太郎も少しは照に厳しく接してくれ」

京太郎「…一応善処します。取りあえず照さん起きてください。
   ちょっと前に暖房付けましたから、今は暖かなくなって起きやすいですよ?」

照「あっ本当だ。じゃあ起きて準備するから待っててね?」

京太郎「分かりました、ただなるだけ急いで下さいね?」

照「ん、分かった」

淡「きょーたろ〜!!私らも朝ごはん食べて言ってもいい〜?」

菫「淡、幾ら習慣になってるとは言え、ちょっとは遠慮しろ…」

京太郎「別に良いですよ。何だかんだで何時も事ですし。ただ淡、食べるんなら準備くらいしろよ〜」

淡「それくらい分かってるよ〜」

菫「全く淡の奴…すまないな。私も人の事を言えないが、いつもアイツや照の世話を焼いてくれて助かるよ」

京太郎「そんなのそれこそ好きでやってる事ですよ。それより菫さんも朝食どうです?」

菫「私も良いのか?」

京太郎「何だかんだで菫さんもいつもここで朝食べるじゃないですか〜。断られたらそれこそ水臭いですよ」

菫「そうか…ありがとう。ならば遠慮なく頂こう。それじゃあ私も準備しに行ってくる」

京太郎「分かりました」

照「京ちゃん、お待たせ」

京太郎「あっ来ましたね照さん」

照「京ちゃん、年上なのにいつもお世話ばかりさせてゴメンね…」

京太郎「て、照さん落ち込まないでください!!照さんが何処か抜けてるのは昔からですし、
       フォローしてきたのも今じゃ自然な物ですよ!!」

照「京ちゃんそれ余りフォローなってないから…」

京太郎「うぐっ…取りあえず麻雀部の雑用とかは自分が好きでやってる事ですし、
       それと同時にこうして頼られるのはかなり嬉しいんですよ」

照「京ちゃん…いつもありがとう。それじゃあ京ちゃんにお願いあるから聞いてね?」

京太郎「どんなお願いですか?」

照「麻雀部が休日の日に、家事全般を教えてほしい」

京太郎「そうですか…分かりました。ただ急に覚えるのは難しいので、これから少しずつでも覚えていきましょう」

照「分かった。京ちゃんこれからよろしくね?」

京太郎「えぇ、こちr「きょーたろー!!準備が出来たよ」…おぅふ」

菫「本当なら淡を注意するところなんだが、流石に今回は時間が時間だからな。二人共準備が出来たのなら早く席へつこう。」

京太郎「分かりました、じゃあ照さん急ぎましょう」

照「分かった。」


糸冬