恒子「すこやんって、ほんと京太郎君のこと好きだよね」

健夜「えっ、そ、そうかな?」

恒子「うん。だっていつも京太郎君のことばかり話してるし。さっきも愚痴だったけど、ずっとニヤニヤしながら話してたし」

健夜「ニヤニヤなんてしてないよ!」

恒子「してたしてた。ほんとすこやんってばブラコン……いや、この場合いとこだから……いとこん?」

健夜「なんかヘルシーそうなんだけど……あっ、物音……もう出たのかな」

恒子「おかえりー」

京太郎「はい、ただいまー」

健夜「こーこちゃん、それ私の台詞……」

恒子「いいじゃん、家族みたいなもんでしょ。ねー、京太郎君?」

京太郎「えっ、まあ確かに恒子さんは……」

健夜「なに、京ちゃんってばこーこちゃんにデレデレして」

京太郎「で、デレデレなんてしてないだろ」

健夜「してるでしょ。初めてこーこちゃんに会った時なんか生アナウンサーだ! ってはしゃいだり……」

京太郎「その時のことは言うなよ、姉ちゃん!」

健夜「鼻息荒くして、ササササイン下さいって、色紙が無いからって背中に書かせようとして……」

京太郎「あの時は緊張して頭が真っ白になってたんだよ……」

健夜「そういう男の子はモテないよ、ねえこーこちゃん?」

恒子「えっ、いやあ私は嬉しかったけどな」

健夜「……こーこちゃん、京ちゃんに甘くない?」

恒子「ほ、ほら、昔私がサイン貰いに行った時も、すこやん嬉しかったでしょ!?」

健夜「こーこちゃんは鼻息荒くなかったし……」

京太郎「というかモテるモテないって、姉ちゃんが偉そうに言えることじゃ……いや、何でもないっす」

健夜「……よろしい」

恒子「うわあ」

健夜「ん……じゃあ次は私がお風呂入るね」

恒子「うん、行ってらっしゃーい」

健夜「……」チラ

京太郎「? 姉ちゃん、行かないのか?」

健夜「行くよ行きますよーだ!」ピャー

京太郎「変な姉ちゃん」

恒子「あはは……」

恒子「……行ったね」

京太郎「……行きましたけど」

恒子「京太郎君?」

京太郎「な、何ですか?」

恒子「前2人きりになった時のこと、覚えてるよね?」

京太郎「……あの時は、本当にすみませんでした」

恒子「謝らなくてもいいよ、私は嬉しかったから」

京太郎「いや、でもあの時は本当に……」

恒子「うんうん、いきなり好きって言われてキスを迫られて……」

京太郎「も、もうそこら辺にして……」

恒子「本当、ドキドキしちゃった」

恒子「ね、京太郎君」

京太郎「……恒子さん?」

恒子「あの時の続き、してみよっか?」

京太郎「えっ、いやいやそんな! 姉ちゃんもいますし!」

恒子「大丈夫。すこやんお風呂長いから、30分は2人きりだから」

恒子「だから、今はお姉ちゃんのこと忘れて、ね?」

〜お風呂場〜

健夜「フンフフーン」

健夜「はふう……」

健夜「……これ、京ちゃんが浸かったお湯なんだよね」

カンッ