京太郎「なあ、春」

春「…なに?」ポリポリ

京太郎「黒糖と巴さん、どっちが大事?」

春「黒糖…」ポリポリ

京太郎「即答だな…。じゃあ霞さんと黒糖なら?」

春「う〜ん………黒糖…」

京太郎「黒糖なんかい……。じゃあ姫様と黒糖なら?」

春「それは姫様…」ポリッ

京太郎「ああ、そこはやっぱ姫様なんだな。じゃあ初美さんと黒糖なら?」

春「う〜ん………初美…かな……」

京太郎「お、姫様以外にもいた。……ちょっと聞くの恐いけど、俺と黒糖なら?」

春「京太郎が大事…」

京太郎「お!本当か?」

春「うん…。姫様と京太郎でも、京太郎が大事……と、言うより、世界で一番京太郎が大事だよ……」ニコッ

京太郎「……えっ?」

春「大好きだよ……京太郎……」

京太郎「……ぅ…お、おう。俺も春の事……す、好き…だぜ?///」

春「…本当?」

京太郎「ああ、本当だ…///」

春「ふふっ…両想いだね……」

京太郎「あ、ああ。そうだな…」

春「………ねえ、京太郎…あっちの部屋に行こう…?」クイックイッ

京太郎「あっちの部屋って……何するんだ?」

春「ふふっ、ヒ・ミ・ツ…」

その後、二人は子供の殻を破る儀式(子供を作る儀式でもある)を行った
その喘ぎ声は小蒔、巴、初美、霞他2人の全員に聞こえる程激しく、長いものだったという……。

カンッ