京太郎「本内先輩!」

バーン!

成香「ふぇ!? す、須賀君?」

京太郎「持ってきましたよ! 早速やりましょう」

カチャカチャ

成香「え? やるってなにをですか?」

京太郎「先輩はさぞ強いでしょうし、俺が玉でいいですよね?」

成香「え? え? あの玉ってなんですか?」

京太郎「なにってそりゃ先攻後攻の話ですよ」

成香「はぁ……? あのっと言いますか、さっきから須賀君はなんの話を?」

京太郎「え? なにってもちろん将棋の話ですけど」

成香「し、将棋!?」

京太郎「ささ、駒も並べ終わったんで早速」

成香「ええ、っと……私、将棋出来ませんけど……」

京太郎「え?」

京太郎「え? だって先輩、名前が成香って……」

成香「成香じゃないですよ! 成香ですよ!」

京太郎「ご実家は棋士の家系では?」

成香「普通の一般家庭ですよぉ……」

京太郎「……」

ガタッ

京太郎「すんません。間違いました出直してきます」ガチャ

成香「あ! 待って、待ってください! やりましょう将棋!」

京太郎「良いんですか?」クルッ

成香「良いんです。でもそのぉ……交換条件?といいますか一つ提案が」

京太郎「はぁ」

成香「これから私のことは名前で呼んでもらっていいですか? その、もう間違えないように」

京太郎「俺はぜんぜん構いませんけど」

成香「それと、私も須賀君のことを名前で呼んでも……?///」

京太郎「ああ、ぜんぜんOKッスよ」

成香「ほ、本当ですか!」パァァ

京太郎「ええ」

成果「では、えと……き、京太郎、君?///」

京太郎「はい、成香先輩!」

成香「もー! 成香じゃなくて成香!」プンシャカ


後日

京太郎「先日は駒の動かし方をやったので、今日は簡単な戦法というか定石を」

成香「はい」

京太郎「まぁ最初は初手で角の道を開ける7六歩か、飛車の道を開ける2六歩がメジャーで」

成果「ふむふむ」


誓子「なぜあの2人は将棋を指してるの?」

由暉子「ここはいったい何部なのでしょうか」

揺杏「コスプレ研究部?」

爽「それだけは違うと思う」


成香「あの、京太郎君」

京太郎「なんですか? 成香先輩」

成香「麻雀も楽しいですが、将棋もすてきですね!」

京太郎「はい!」


カン!


京太郎「今日はプロの人に御越し頂きました」

咏「どもーなんか知らんけど呼ばれたー」フリフリ

成香「京太郎君、その人は違……」


もいっこカン!