京太郎が女の子の前で深いため息をついてみる

【清澄編】


京太郎「はぁ・・・」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「・・・」

咲「ため息ちゅくとしあやしぇ逃げりゅよ・・・」

「・・・」

京太郎「ぎゃーはっはっはっは!!」バンバン

咲「噛み倒したからってそんな笑うことないでしょー///!!もうー!!」ポカポカ





京太郎「はぁ・・・」

和「・・・?」

京太郎「はぁぁ・・・(見てる見てる、心配してくれてるのか!)」

和「・・・須賀君でも悩むことがあるんですね」

京太郎「・・・ひどくね?」

和「冗談ですよ。あ、さては演技でしたね」

京太郎「ぐ、鋭い・・・」

和「ふふ、伊達にいつも見てな・・・こほんっ」

優希


京太郎「はぁ・・・」

優希「む…?元気ないな京太郎」

京太郎「・・・」

優希「そんな時は、タコス食べれば元気になるじぇ。ほれ、あ〜ん」

京太郎「(やっぱりタコスかい)・・・ん」パク

優希「」

京太郎「うん、我ながら美味い。・・・何固まってんだ」

優希「許可なく人の指を舐めるなぁーーー///!」

京太郎「お前が差し出してきたんじゃーん!!」



まこ


京太郎「はぁ・・・」

まこ「なんじゃ、珍しく暗いのぅ」

京太郎「はい・・・」

まこ「そうか・・・」


京太郎(あれ、マジで落ち込んでると思われてる・・・?)

まこ(こういう時はそっとしとくのが一番じゃ。明日には元気な顔見せとくれよ京太郎)

京太郎(優しい視線に心が痛む・・・)




京太郎「はぁ・・・」

久「ん、どうしたの須賀君」

京太郎「いえ、なんでも・・・」

久「・・・大丈夫よ、須賀君頑張ってるからいつか勝てるようになるわ」

京太郎「・・・?」

久「意外と勘はいい方だし、度胸もあるわ。戦術次第でもっと上に行けると思う。あと・・・」

京太郎「部長、部長」

久「周りも強いから解りにくいけど、須賀君も十分強くなって・・・ん?」

京太郎「すんません、嘘です。別に落ち込んでないっす」

久「・・・」


京太郎「真っ赤になって出てってしまった・・・げんこつ一つおみやげに」


【阿知賀編】


穏乃


京太郎「はぁ…」

穏乃「!」

京太郎「・・・」

穏乃「・・・よいしょ」

京太郎「お?」

穏乃「んー、お客さんお疲れですねー。んしょんしょ」モミモミ

京太郎「どうしたよ、マッサージなんて」

穏乃「疲れてるみたいだったから!でもあんまり固くないね」グリグリ

京太郎(そりゃまだ若いしな)

穏乃「京太郎気が利くから何でもしてもらっちゃってるけど…無理しないでね。疲れたらいつでもマッサージしたげるよ!」

京太郎(マジか、そりゃ役得・・・)



京太郎「イダダダダダダッッッ!!!??ギブ、ギブ!!!」

穏乃「もー、大げさだなー」グリッグリッ




京太郎「はぁ…」

憧「珍しいわね、ため息なんて・・・」

京太郎「そうだな・・・」

憧(京太郎がこんなに落ち込むなんて・・・何かあったのかな?・・・失恋、とか?)

京太郎「・・・」

憧(失恋か・・・失恋!?京太郎が恋を・・・相手は誰!?うらやま・・・じゃなくて)ブンブン

(つまりその相手はフッたって事で・・・何その贅沢者!?京太郎から告白なんかされたら一発OKに決ま・・・じゃなくて!)ズビシッ

(待った、落ち着くのよ憧。つまり今の京太郎は傷心中、こういう時に優しくされると弱い・・・
 って本で見たことあるわ。なら私の取るべき行動は・・・)ソワソワ

京太郎(なんか落ち着かないけど大丈夫か憧?)

憧「ふぅ・・・・・・大丈夫よ京太郎、めげずに新しい恋を見つけましょ?」

京太郎「人を勝手にフラれさすな」




京太郎「はぁ・・・」

玄「京太郎君・・・・・・バナナ、食べる?穏乃ちゃんのだけど・・・」

京太郎「腹減ってるわけじゃ・・・」

玄「そっか・・・フラれた?喧嘩した?私でよければ相談乗るよ!」

京太郎「そういうわけでも・・・」

玄「眠れないとかなら、お姉さんが膝貸しますよ!」

京太郎「違います・・・」

玄(食欲× 睡眠欲× 人間関係× ・・・となると)


玄(まさかお金がない!?じゃあ、ここは先輩としてなにかおご・・・りたいとこだけど、私の寂しい懐では・・・)

(でもでも!ここは困ってる後輩のため一肌脱ぐべきではなかろうか!いやしかしぃ!!)

京太郎「大丈夫ですよ玄さん!演技ですから!だから財布を泣きそうな顔で見つめるのはやめて!」





京太郎「はぁ・・・」

宥「京太郎君?」

京太郎「・・・」

宥「・・・・・・よしっ」


宥「はー、はー・・・ぎゅっ」

京太郎「宥さん?」

宥「こうやって手をつないで、私の元気を京太郎君にあげて、京太郎君のあったかくない気を私がもらうの」

京太郎「それじゃ宥さんがさむーくなっちゃいません?」

宥「ふふ、大丈夫だよ(京太郎君の手を握ってるだけであったかくなっちゃうから・・・///)」

京太郎「はは、なんか元気出てきた気がしますよ」


京太郎「・・・やっぱり手袋した方が」

宥「……うん」ブルブル




京太郎「はぁ・・・」

灼「・・・京太郎?」

京太郎「・・・」

灼「落ち込まないで京太郎、この写真見・・・」

京太郎「え?」

灼「初めて国士無双あがった時の写真・・・あの時の気持ち思い出して」

京太郎「え、取っておいたんすか?そっか、そんなこともあったな・・・」

灼「だから、めげること無い。京太郎は強くなれる。(少なくとも私はそう信じてる・・・)」

京太郎「ありがとうございます、初心忘れず、志高く、ですね!」

灼「んっ」


京太郎「・・・でもその号泣(嬉し泣き)の写真は没収させてください」

灼「・・・ダメ」


カン!