灼「好きなんだけどどうしたらいいかな・・・」

晴絵「」

灼「・・・?」

晴絵「いや、ゴメン灼、気持ちは嬉しいけど私ノーマルだから・・・」スー

灼「ち、違!ハルちゃん違うよ!」

晴絵「あれ、そうなの?」

灼「どんな勘違いしてるの・・・好きなのはき、京太郎のことだよ」

晴絵「ああ、そっちか!まー、灼が彼のことを想ってたのは知ってたけど」

灼「え、え?知ってた・・・?」

晴絵「ふふん、伊達に監督じゃないのよ!」

灼「は、恥ずかしいけどそれなら話が早。どうすれば気を引けるか聞きたい・・・」

晴絵「気を引くねぇ・・・(半端なアクションで鈍感なあの子が気づくとは思えないけども・・・)」

灼「私じゃ何も思いつかないから、ハルちゃんお願い」

晴絵(灼には申し訳ないけど私も恋愛疎いしな〜男の子の気の引き方と言われても・・・)

晴絵「とりあえず、数個思いついたわ。灼、試してくれる?」

灼「う、うん。私、ハルちゃんを信じる!」


案? 唇を奪う


灼「ちょぉぉっと待ったぁぁ!?」

晴絵「わっ、びっくりした。灼そんな大声出せるのね」

灼「いい、いいくらななななんでも段階すっ飛ばし過ぎだと思!」

晴絵「いわゆる「奪っちゃった♪」って奴ね。一気に相手の気持ちを持ってこれるはず」

灼「う、奪う・・・///」プシュー


案?挑戦。


灼「・・・」ソワソワ

京太郎「・・・?どうしました、灼さん」

灼「あ、いや、別に・・・(京太郎の唇・・・唇・・・!)」

京太郎「(なんか視線を感じる・・・)ん、なんか俺の顔についてますか?」

灼(キス・・・口づけ・・・京太郎と・・・!!)

京太郎「な、なんか息荒いですよ灼さん!?大丈夫ですか!」

灼「はっ、ゴ、ゴメン。ちょっとトリップして・・・え?」

京太郎「え?」←目の前

灼「ふにゃ・・・///」プシュー

京太郎「げぇ!?倒れた!誰か―!メディーック!!」

晴絵「須賀君、灼を回収しに来たわ!」ガラッ

京太郎「おお、ちょうどいいところに!お願いします!」

晴絵「ゴメン」

灼(ハルちゃんも責めたいけどあまりの情けなさに自己嫌悪・・・)

晴絵「次の作戦で行こっか。灼、まだやれる?」

灼「う、うん。大丈夫」


案? お色気作戦


灼「お色気・・・」

晴絵「古来より行われてきたアピール方法ね。名前の通りだよ」

灼「といってもどうすればいいのかわからな・・・」

晴絵「要はセクシーに見えればいいの。男子の目を向けるには手っ取り早い方法ね」

灼「セクシー・・・」

シュル グイッ

灼「こんな感じ?」

【腕まくり+ネクタイ緩め】

晴絵「・・・うん、それじゃ仕事終わりのサラリーマン(夏)ね」

灼「ええ!?」

晴絵(そもそも灼の体型じゃ厳しいかなぁ…お色気作戦に一番大切なものがないし・・・)

晴絵「しょうがない、別の案で行きましょ!」

灼「ハルちゃんの言いたいこと、なんとなくわかるよ・・・」グスッ



案? 構ってもらう


晴絵「須賀君に構ってもらうには灼はちょっとしっかりしすぎてるわ」

灼「そうかな・・・」

晴絵「破天荒なシズとか、トラブルメーカーな玄とか、須賀君の世話好き心を刺激してるでしょ」

灼「確かに。でも、それは効果があるの?」

晴絵「大有りよ。構ってもらうことで「こいつ俺がいなきゃダメなんだな・・・」的な感情を芽生えさせる」

「そしてそれは恋となるの。お人好しを落とすには有効な手じゃないかしら」

灼「すごい、なんかうまくいきそうな気がする」

晴絵「(ふふふ、我ながら理にかなった案だわ)よし灼、さっそく実行よ!」


案?挑戦。


灼「・・・」ガチャ

京太郎「あ、灼さん。さっきは大丈夫でした?」

灼「う、うん。平気・・・」

黙。

灼(どうしよう・・・具体的に何するか全然考えてなかった・・・)ダラダラ

灼(構ってもらうって、どうするの?構って・・・)


〜〜〜妄想開始

灼「京太郎、京太郎」

京太郎「どうしました、灼さん」

灼「構ってほしいなー」

京太郎「うーん、ちょっと今忙しいので」

灼「むー、構ってよー」

京太郎「今はダメですよー」

灼「かまえー!」ガバッ

京太郎「わっ、まったく灼さんは甘えんぼですね」ナデナデ

灼「京太郎のいじわる・・・」

〜〜〜妄想終了


灼(なんて・・・)

灼(って無理無理無理馬鹿馬鹿馬鹿!!私は馬鹿だぁーー!!!)ガンガンガンガン

京太郎「何やってんすか灼さん!?なぜ急に自傷行為に!?」

灼「な、なんでもない・・・」

京太郎「いや、何にもなくてそれはとっても心配になるんですが」

灼「ちょっと、頭を冷やしたくて・・・」

京太郎「あー、額赤くなってるじゃないですか。今絆創膏持ってきます」

灼「え、そんな、大丈夫・・・」

京太郎「ダメです。女の子なんすから顔に傷残しちゃ駄目ですよ」

灼「・・・女の子」


灼「・・・」

京太郎「じっとしててくださいー」

灼(くすぐったい・・・あと、近い)

京太郎「よし、貼れた」

灼「あ、ありがとう///」

京太郎「どういたしまして」




灼「・・・手当してくれたっ」

晴絵「嬉しそうで何よりよ。なんか展開が想像と違うけど…」

灼「でも、構ってもらうのは成功」ぶい

晴絵「まあ、いいわ。それよりまだやる?」

灼「まだあるの?」

晴絵「まあね。例えば・・・」

案? ボディタッチ
案? 押し倒す
案? 家庭的アピール
案? ツンデレ

晴絵「こんなもんかなー」

灼「ハルちゃん、変なの混じって・・・」

晴絵「どうする?」

灼「・・・今日はもういいかな」

晴絵「そっか。お疲れ様」

灼「うん、ありがとう、ハルちゃん」

晴絵「いえいえ。むしろゴメンね灼。恋愛に疎いくせに適当なこと言っちゃって」

灼「え、そうだったの・・・」

晴絵「残念ながら。でも、これだけは確信持って言えるよ。全ては灼の頑張り次第!」

灼「うん!」

晴絵「よっしゃ、それが解ればオールOK!赤土恋愛塾はこれにて閉講!」



――後日


灼「きょ、京太郎のために教えてるんじゃないんだからねっ」

京太郎「え」



晴絵(それ選んだかー・・・)



カン!