哩「おい、須賀」

京太郎「は、はい!なんでしょうか!?」

哩「ごめんばってんさ、腹減ったけん、カップラーメンば買うてきてくれんや?豚骨味やったらどいでんよかけん」

京太郎「はい、分かりました」

哩「タダで使いっぱすっとも悪かけん、こいでわいの分も買うてこい」 つ500円

京太郎「え、いいんですか?」

哩「よかよか、遠慮はいらん」

京太郎「じゃあ行ってきます」

…………
………

京太郎「部長、買ってきました」 つラーメンとお釣り

哩「おう、ありがとう。……あら?わいの分は?」

京太郎「ええ、このんまい棒を頂きました。ありがとうございます」

哩「なんやそいは!?んまい棒とかなん考えとっとや!?」

京太郎「いやぁ、高いのは悪いかなって……」

哩「なっ!?遠慮はいらんって言うたろうが!」

京太郎「いやぁ、でも…」

哩「でももしかしもあっか!折角わいと一緒に飯ば食えると思っとったとに!」

京太郎「えっ……?一緒に飯…?」

哩「…あっ!/////(プイッ)い、言うとらんぞそがん事!///」

京太郎「でもさっき…」

哩「言うとらん!何も言うとらん!///」

京太郎「………(クスッ)一緒にご飯、食べませんか?」

哩「わ、わいがどうしてもって言うとやったら許さん事もなかぞ!///」

京太郎「白水部長とどうしても一緒に食べたいです」

哩「そ、そいなら仕方なかなぁ!ほら、座れ///」

京太郎「ふふ、ありがとうございます」ガタットスッ

哩「むぅ…!」

京太郎「…?どうしたんですか?」

哩「何でわいはそげん余裕かいや?腹の立つ!」

京太郎「それは普段キリッとしてる白水部長からは想像できないくらい可愛いところが見れたから……ですかね」

哩「可愛かって…!!/////ああもうよか!飯食うぞ!///」パキッ

京太郎「はい、では。頂きます」ピリッ

哩「……頂きます」ズズーッ

カンッ