<ミヤナガプローヒトコトオネガイシマス!

照「……」

菫「おい…」

<シンジンセンノカンソウヲヒトコト!

照「……」スタスタ

菫「照っ!」

<プロニナッテカラインタビューウケナイナ…

<コウコウノコロトチガウ…



照「お菓子おいしい」モキュモキュ

菫「おまえ…いいかげんにしたらどうだっ!」ダンッ

照「…どうかしたの?」

菫「今日も取材陣に呼ばれても無視をして…プロとしての自覚はあるのかっ!」

照「…呼んでたの?」

菫「とぼけるなっ! 何度も宮永プロと呼ばれてたじゃないかっ!」

照「私は宮永じゃないし…これも食べよう」モキュモキュ

菫「…ふざけているのか?」

照「私は麻雀とおかしに関してはいつもまじめ」キリッ

菫「ふざけているだろうがっ!」

照「ふざけてなんていない、私は宮永じゃない…」モキュモキュ

菫「どういう…ことだ…!?」

照「私は須賀照だから」

菫「まるで意味がわからんぞ!」

照「今日は京ちゃんが迎えに来るからこの辺で…」テクテク

菫「まて、色々とありすぎて頭が追いつかない…きちんと初めから説明しろ…」

照「しかたないなぁ…じゃあ京ちゃんも呼んで1階の喫茶店で話そうか」

照「えへへ…京ちゃーん♪」スリスリ

京太郎「あの…人もいますから…ね?」

菫「さっきからずっとくっ付いてるし満足しただろう。いい加減に…」

照「忘れちまったぜ…満足なんて言葉」キリッ

菫「もういいか…色々と聞きたいことはあるが君は?」

京太郎「申し遅れました、照さんの幼馴染の須賀京太郎です」ペッコリン

菫「ご丁寧にどうも…弘瀬菫です」ペッコリン

照「ねえ京ちゃん、今日も頑張ったから今日もご褒美のちゅーを…」

京太郎「まるで毎日してるみたいな言い方はやめてください、てかなんですかこの状況は?」

菫「そうだ! 話が進まないだろうが!」

照「菫は彼氏がいないからそうやって…悔しいでしょうねぇ」

菫「……」イラッ

京太郎「照さんって彼氏いたんですか?」

照「ううん、いないよ?」

菫「なんだ…ならお前に…」

照「でも旦那様ならいる」

京太郎「えっ…照さん結婚してたんですか!?」

菫「おい、変な嘘をつくんじゃない」

照「ほんとだよ、京ちゃんと結婚してるもん!」

菫「…はいぃ!?」

照「ほら…これが証拠、コピーだけどね」ゴソゴソ

京太郎「婚姻届…?」

菫「夫は…須賀京太郎だと…」

照「よかれと思って本物は弁護士に預けてある」キリッ

京太郎「ちょちょっ! こんなの書いた記憶ないですよ!?」

照「忘れちゃったの…7年前に私と一緒に書いたのに…?」

菫「7年前だと…ってお前はまだ小学生じゃないか!」

照「愛に年齢は関係ない!」キリッ

京太郎「…婚姻届とはどんな効果だ? いつ発動する?」

菫「落ち着け! 現実逃避するんじゃない!」

照「小学生の頃に結婚を約束して2人で書いた」

京太郎「弘瀬さんは照さんの保護者ですよね! なんとかしてくださいよ!」ユサユサ

菫「知らん、そんな事は私の管轄外だ!」バッ

照「だから私は須賀照なの、証明終了」

菫「…もうお前がこの須賀くんと結婚するのは100歩譲って認めよう」

京太郎「そんなぁ…」ガクッ

菫「だが須賀くんの年齢は今いくつだ?」

照「16歳だけど…?」

菫「日本では男は18にならないと結婚できない…まだお前が結婚する時ではない…」

照「じゃあ…私はまだ宮永照だった…」

菫「そうだ、だから記者の人がお前を宮永と呼んでいたのは正しいわけだ」

照「そんな…わたしなんてことを…」ガタガタ

菫「なに、これからはちゃんとインタビューに答えれば大丈夫さ」

京太郎「おれはっ!? おれはどうすれば…」

菫「まあ…頑張ってくれ」ポン

照「明日からはインタビューに答えて今まで以上にがんばるっ!」フンス

菫「そろそろ私は帰るからお前は須賀くんと仲良くいちゃついておけ」

照「それじゃあまたね」ノシ

菫「明日も試合だから遅れるんじゃないぞ?」テクテク

京太郎「まって! お願いだから…」

照「じゃあせっかくだからこのまま結婚生活について話そうか、私は子供が2人は欲しいな…」

カン!