ドア「ガラガラガラッ」

咲「こんにちは〜。京ちゃんいますか〜」

京「お〜咲。来たか」

咲「こんにちは、京ちゃん。うわ〜京ちゃんち久しぶりだよ〜」

京「そうだっけ、中学の頃はよく来てたしな...あ、こっちが俺の部屋」

咲「お邪魔しま〜す、って京ちゃん、少し散らかってるよ」

京「ん、そうか?これくらいの方が使い勝手がイロイロと...」

咲「屁理屈はいいから!片付けるよ京ちゃん!」

京「なんだよ勝手に...おまえは俺の嫁さんかっつーの」

咲「嫁さん違います!」テキパキ


尭深「嫁さん掃除中...」ズズッ


咲「ふう。とりあえずはこんな感じかな。」

京「おーおー。部屋が少し広くなった気がするぜ。」

咲「日頃からキレイにしとかなきゃダメだよ、京ちゃん」

京「へいへい。ところでお茶淹れてきたから飲めよ」

咲「いただきます」ズズッ

咲「...で?今日はなんで私を呼んだの?」

京「ふっふっふ...よくぞ聞いてくれた。それはだな咲...俺と麻雀で勝負スルためだッ!!」

咲「ええっ〜〜!?わざわざ呼んどいてそれ??」

京「おいおい、仮にも麻雀部員がそんなこと言うか?」

咲「え〜、でもねぇ...京ちゃん...弱いし」

京「うぐっ...ふっ、だがな、今日の麻雀はただの麻雀じゃあない」

咲「何?」

京「これだッ!!」スッ

つ阿知ポ

咲「わ〜なにこれ、PSPでこんなの出てたんだ〜」

京「そうだぞ咲、さあ早速勝負だ!」

咲「私は誰選べばいいのかな...せっかくだしこの咲ってキャラにするよ!」

京「じゃあ俺は玄さんにするぜ!おもち同盟バンザ〜イ!」

咲「ムッ...ところで咲さんかわいいよね?」

京「えっ」

咲「えっ」

咲「も〜怒ったよ京ちゃん、負けたら罰ゲームだからね!?」

京「唐突!?...ふん、いいぞ、受けて立とう!」

咲「ぐぬぬ」


尭深「決着」ズズッ


京「やった〜!勝った〜!!」

玄「阿知賀ポータブルの私最強杉ワロタなのですwwww」ドヤヤッ

咲「くぅう...うそでしょ...」

京「なんだ〜咲、どうしたのかな〜いつのも嶺上は?ww」

玄「ワロタなのですwwww」ドヤヤヤy

咲「うぅ...なんだか二重にムカつくよぉ...」

京「さぁ〜て罰ゲームだな、咲!」

咲「妙に機嫌がいいよ京ちゃん、...って京ちゃん?」

京「ははっ、罰ゲームは電気あんまだぞっ、それっ!!」

咲「わわっ、ちょっ、ちょっと京ちゃん??」グッ

京「それそれ〜!!」

咲「うわわわ、ちょっ、やめ、あはははは」ググググッ

京「なつかしいなぁ...ガキのころふざけてよくやってたよ」ググッ

咲「あははははああは、はぁ、あぁ、はぁはぁ、京ちゃん、もうやめ...」グリグリ

京「どうだ、まいったか〜!」

咲「あははは、ギブ!ギブだってば京ちゃん!!」グググチャ

京「そうかそうか、それはよかった、...って、ん?なにこれ?濡れて...」

咲「京ちゃんダメ〜ッ、っっつぅぅあああっ!!!」

京「」

〜〜〜〜〜〜〜〜

咲「京ちゃん!!さっきはよくもやってくれたね!!」

京「わりぃわりぃ、そんなつもりじゃ...って、咲が勝手に感じてたのが悪いんじゃあ...」

咲「うるさい!!///」

京「んぐっ!」バシッ

咲「もう!次はこっちのゲームで勝負だよ、京ちゃん」

つブレイブルー

京「ブレイブルー?格ゲーか?」

咲「私このキャラ使うね。...んふふっ...(暗黒微笑)」

京「なにこの...なに...悪寒みたいなのが...」

咲「頭を垂れて高らかに唄いなさい。自分は咲様の下僕ですとね。」

京「ヒィィ...」ブルブル


穏乃・淡「ブレイブルー...うっ...頭が...割れるように痛い(ニャス)...」

穏乃・淡「憧〜(テル〜)部活帰りにゲームセンター寄って行こ〜(ニャス)」

咲さんと淡、シズたちがブレイブルー全国大会ではしゃぐのはまた別の話