京太郎「なぁ、春」

春「なに…?」ポリポリ

京太郎「俺ってさぁ…マダオなのかなぁ…?」

春「…どうして?」ポリポリ

京太郎「姫様や初美さんを含む色んな女の子にアタックかけたけど全部失敗。
       霞さんなんかアタックしてないのにお断りしてくるし…それに、麻雀部なのに麻雀も下手くそだしな」

春「……」ポリポリ

京太郎「はぁ……こんな自分が嫌になるよ……」

春「…京太郎…」

京太郎「んー?」

春「京太郎は……マダオじゃないと思う……。京太郎は気配りが利くし…とっても優しいし…見た目だって悪くない……それに……」

京太郎「…それに?」

春「京太郎の事、好きな女の子は絶対いるよ……」

京太郎「いないよ〜。今まで散々フラれてきたんだぜ?いるわけがないよ」

春「いるよ……少なくとも一人はいるって知ってるから……」

京太郎「え、本当か!?それは誰なんだ!?教えてくれよ!」

春「それは……教えない……///」プイッ

京太郎「何だよ〜いいじゃねえかよ〜!なっ?こっそりと教えてくれよ」

春「だ〜め……教えない……」

京太郎「そんな事言わずに!なっ?なっ?」

春「むぅ……鈍感……」ボソッ

京太郎「ん?何か言ったか?」

春「何でもない……」

京太郎「ま、いっか!俺の事を好きな女の子がいるってだけでも知れたわけだしな!それだけでも充分だぜ!」

春「ふふっ…そうそう、その意気……」

京太郎「おっと、もう行かなきゃ。じゃあな、春!相談に乗ってくれてありがとう」

春「うん、またね……」

京太郎「おう!またな!」タッタッタッタッ

春「……京太郎、大好きだよ……」ポリポリ

カンッ